カードローン借入額の増額は審査なしで増やしてもらえますか?

私はどうやら金遣いが荒い人間らしく、働いても働いても貯金が貯まりません。

それどころか、ちょっとお金を借りて継ぎ足ししないと生活費すらも危うい時期があるくらいですので、もしかしたら…というかもしかしなくても、金銭管理については見直しておかないといけないのかもしれません。

言い忘れていましたが、私の名前は原村(仮名)です。

私は小さい頃、むしろ小遣いもろくにもらった事がありませんでしたし、高校時代もバイトをしていたものの両親にほとんどバイト代を没収されており、そんな生活が嫌で卒業と同時に一人暮らしを開始しました。

そして一人暮らしが始まってからというものの、今まで抑圧されていた分欲しい物を買いあさるようになってしまい、そのせいで今の生活があるという感じです。

昔に比べて満たされている感じはあるのですが、生活費すらも危ういっていうのは直すべき…なんでしょうね。

まあそうは言ってもすぐに直せるものではありませんし、今も急な出費(という名の浪費)でお金が足りなくなりました。

カードローンはまだ使えますが、間もなく上限を迎える事になります。

だからそろそろ増額して余裕を持たせておき、それを出来るだけ使わないようにしつつ生活改善をしていくつもりです。

矛盾していそうですが、やっぱ余裕が無いと改善にも立ち向かえないっていうか…支離滅裂ですみません。

この増額って、審査なしですぐに増やしてもらえますか?出来るだけ早く増やしたいんです。

増額にももちろん審査はありますのでご注意を

昔から、小さい頃に抑圧しすぎると大人になった時に反動が訪れると聞きますが…まさに原村さんがそれでしたね。

浪費は褒められた事ではないですが、学生の頃から苦労されていた事を考えると、自分のお金を好きに使うという事を責められないというのも事実です。

せめて生活費だけは毎月安定して用意できるようにしていただき、今後はカードローンにも必要以上に頼らない生活をしていってくださいね。

カードローンはすでにご存知のように、限度額を増額する事でより多くのお金を借りる事ができるようになります。

これはとても便利ですが、無審査で申請すればすぐに増やしてもらえる…というわけではありません。

増額時には審査があり、この審査に通過出来ない場合は限度額も当然増える事はありません。

何故審査が必要かというと、そもそも最初に審査して設定された限度額というのは、昔に審査した時にそれが適切だから…という事で付与されたものです。

なのにさらにたくさん借りるとなると、見直しという意味も込めて当然審査は必要になります。

ゆえにカードローンの増額で審査があるのは当たり前の事であり、申請すると同時に審査が開始されるというわけですね。

しかし、審査があると言っても最初のときのように書類が多数必要になるとも限りません。

増額に関しては、どちらかと言うと今までの信用実績…つまるところ、きちんと返済しているかどうかが大事です。

返済が滞っていない人の場合は増額しやすく、むしろ金融業者側から増額のお誘いがあり、その場合は申し込むだけでほぼ確実に増やせます。余裕があれば、これを待つのも手と言えるでしょう。

【参考ページはこちら】
今の借入状況でも限度額上げられる?

借入額の増額の効率のよい方法の種類やメリット・デメリット

借入額の増額はいろいろな方法が存在します。またその方法を組み合わせて使用することで、より効果的に増額を引き出せる可能性が高くなります。

1点目は増額されやすい業者を選ぶことです。借り入れをする際、キャッシングを申し込める業者は大きく分けて、貸金業系の業者、信販系の業者、銀行系の業者の3つに分かれますので、それぞれのメリット、デメリットについて説明します。
(⇒借入ができる会社情報はこちら

まずは貸金業系の業者ですが、メリットとしては初回申し込みが概ね可決しやすいことにあります。

申し込みの条件も学生やフリーターでも、定期的な収入があれば申し込み条件をクリア出来る場合がほとんどです。

デメリットとしては借入の申込に給与明細などの収入を証明する書類が必要である事。

これまでにキャッシングやローンを利用した履歴のない場合、申込を否決される場合がある事。

平成18年より改正貸金業法により、総量規制と言って、年収の3分の1以上は借入が出来ないことです。

キャッシングやローン履歴がない場合は、テレビやラジオなどのショッピング番組を利用して、分割払いで何かを購入すればその問題についてはクリアされますので、大きな心配にはなりません。

次に信販系の業者ですが、一般にクレジットカード会社と呼ばれ、カード会社にもよりますが、ショッピング枠とキャッシング枠が別な会社と、ショッピングとキャッシングの合計額を貸付可能額とする会社に分けられます。

メリットとしてはショッピング枠とキャッシング枠が別の会社のカードでは総量規制対象になるのはキャッシング枠だけですが、デメリットはショッピング枠とキャッシング枠の合計額を枠とする会社では、その合計額が総量規制の対象になりますので注意が必要であるという事と、給与明細などの収入を証明する書類の提出が必要になります。

最後に銀行系の業者ですが。メリットとしては改正貸し金業法による総量規制がない事です。

銀行系業者は貸金業では無い為に、改正貸金業法とは無関係になり、総量規制を受けることがないので、年収の3分の1以上の借入も可能となります。

また、借入金額にもよりますが、年収を証明する書類提出の必要がない業者が多数存在しています。

デメリットとしては、普通の貸し金業者より審査基準が銀行寄りになりますので、若干ですが厳しくなる場合もあるようです。

以上の事柄から、もし将来的に増額を検討していらっしゃるなら、総量規制に関係のない銀行系業者をお勧めします。

ただ、いくらお勧めだからと言って、1社めの申込が否決されて、すぐに次の会社に申し込むのは止めておいたほうが賢明です。

特に1ヶ月の間に3社以上の業者に申し込む申し込みブラック扱いになり、さらに4社目の業者に申し込んだ際に、その業者の情報としてずっと残ると考えていいので、その4社目以降の申し込み業者では問答無用で否決される可能性が高くなります。

なぜ、そのような申し込み情報が分かるかと言うと、借入申し込み時に記載されている審査を受ける際の契約書に、あなたの情報を、信用情報機関で照会しても構わない旨が書かれた書類にサインをしているために、信用情報機関に照会されます。

信用情報機関は照会元の会社名と日時を最低6ヶ月間保有し、信用情報主のあなたの許可(申し込み書類へのサイン)により、次に申し込みされた業者は過去6ヶ月間の信用情報照会業者名の情報も開示しますので、信用情報を参照した記録はあるのに、その業者との契約がないことがわかります。

それにより、その業者からは申し込みを否決され、尚且つ、短期間に申し込みを繰り返すほど苦境に立たされて、返済能力がないと判断を受けかねません。

このようなことから、キャッシングの申し込みはもしもの時の為に、余裕を持って申し込んでおいて、苦境に備えるのが大切になります。

こうして、申し込みが可決され、いざキャッシングが出来る状態になった時、そのまま放置するのは非常にもったいない事です。

目的は借入額の増額ですので、小さく借りてきちんと返済するを繰り返し、返済実績や完済実績を多く作ることです。

この借入や返済や完済の実績も逐次業者が加盟する信用情報機関にも登録されますし、業者でもその履歴はきちんと残しておりますので、きちんと返済することを怠らない誠実な人という評価にもなります。

このことは別のメリットで記述しますが、それ以外に借入業者での信用スコアリングが上昇しますので、返済を繰り返していけば、業者のほうから、借入額の増額の案内が来るはずです。

たとえすぐには案内がこなくても、ここで焦ってはいけません。通常、業者のスコアリングは借入先の業者数でも上下しますの、あくまで1社に拘り、その業者だけと取引するほうが、最終的には複数業者からの借入より、1業者からのほうが最大借入可能額が大きくなります。特に総量規制の対象業者はその傾向が顕著です。

というのも、現実に借入可能の上限額と、信用情報機関に登録されている借入可能額には差があり、信用情報機関に登録された金額のほうが、現実の金額より多額なので、他社からの借入をした場合、他社でも同じ様に現実の借入可能額より登録額を高くしますので、現実に借入出来る金額は、総計で年収の3分の1より少なくなります。

この様なことから、出来るだけ複数業者との取引は控えたほうが無難でしょう。

次に貸金業系、信販系、銀行系にかかわらず借入額の増額の切り札、最大の効果をあげるのは、あなた自身の年収を増やす事にあります。

方法論はここでは記述はしませんが、申し込み申請時の年収よりも、現在の年収が増えれば、業者でのスコアリングの成績が上がり、非常に効果的に借入額の増額が可能になります。

自己申請ですぐにでも増額を検討してもらえるはずですし、この方法と1社限定での借入返済はどの業者でも使える手です。

さらに、借入額が増えることは別の恩地をもたらす結果にもなります。それは金利の低下です。

金利が低下して返済金額は減れば、それは借入可能金額が増えたのと同じ事になります。

そして信用情報機関に返済状況を登録されることによりさらに有利に働くことになるのです。

信用情報機関は3社あり、それぞれ銀行系の全国銀行個人信用情報センター、信販系の株式会社 シー・アイ・シー、貸金業系の株式会社日本信用情報機構に分かれますが、一部情報はそれぞれリンクもしていますし、上手く銀行系の業者との取引が出来れば全国銀行個人信用情報センターにも信用情報が登録されることになります。

たとえば、銀行には目的別ローンが存在します。住宅ローンやマイカーローンなどですが、フリーローンよりも低利で高額の借入が可能ですが目的以外には使えないローンです。

しかし、目的とはまるローンの場合は非常に有効ですが、それまでに銀行取引がない、全国銀行個人信用情報センターに与信の登録がない場合は与信の査定がより厳しくなりがちです。

しかし、全国銀行個人信用情報センターに優良な与信情報がある場合は、他の銀行と相見積をとって、よりよい低利を引き出すことも可能になります。

この様な信用与信情報を育てる事を、クレジットヒストリーを育てるなどと言いますが、最初は小額からコツコツと借入、返済を繰り返す事により、住宅を買える額まで増額する事も決して不可能ではないのです。

計画的に使えば、借入の信用も財産になります。今一時の事で慌てるよりも、作れる時に、キャッシングカードを作っておいて、それを大切に育てて、大きな借入額を低利で引き出す。

そして、今度はそれをきちんと返済さえしていれば、更なる信用が生まれる。

普通は借金というと、ネガティブなイメージに捉えられがちですが、この様に育てると意識を持って使えば信用という形はないのですが、価値のある大切なものを手に入れることが出来ます。

そこまでいけば、スパイラル的にあなたの信用が増し、限度額も大きくなるでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.