ローンを組めないのはどのくらいの借入を使っている時?

他の会社から借入が多い時には、ローンが組めないって言いますよね。

自動車ローンであるとか住宅ローンであるとか、そういったものには消費者金融や銀行系カードローンの借入というのが響いていくるというように言われています。

なので他の会社から借入があるときはローンを組むのを気をつけないといけないわけですが、じゃあどのくらいの借入があるときにローンは組めなくなるものなのでしょうか。

1万円でもダメなのか、100万円くらい借りていたらダメなのか、そのあたりを教えていただきたいです。

収入によるし、組むローンの金額によってもかなり違う

ローンを組むときには他の会社から借り入れがあると悪影響である、というのは間違いありません。

もちろんこれは「これくらいあると問題」というように、はっきりとした数字を表せるようなものではありません。相対的なものです。

相対的というのはいろいろな条件によって変わるということです、例えばローンを組むときに借入が悪影響を与えるのは収入、そしてどういうローンを組むかといったことによっても変わってくるというわけです。

極端な話収入がかなり多ければ障害にならないこともあります。

極端な例で言えば1億円以上の収入がある人ならば、200万円くらい借入を別でしているけれどもローンを組むとなったらそんなに悪影響を与えることはありません。

それこそ億を超えるマンションのローンを組むのも簡単に審査を通してもらえるでしょう。

200万円というと普通の給料をもらっている人にしてみればかなり大金額ですから、平均的な年収である400万円や500万円くらいの人が使っていれば、ローンを組むのは難しくなるでしょう。(こちらもご参考に→年収400万だと銀行で借りるのは難しい?

ローンどころか、他の借入を使うということも厳しくなるかと思います。

また収入が多いか少ないかも大きな影響を与えますが、それと同等に影響があるのがローンをどのくらい組むのか、どういったローンを組むのかといったことです。

例えば自動車ローンと住宅ローンでは取り扱う金額が違いますから影響度も変わってくるというわけです。

もちろんローンも組む金額が低いほうが組みやすいということになるわけで、自動車ローンだと100万円前後、住宅ローンだと3000万円くらいになってくるということですから、その時には自動車ローンが通っても住宅ローンには通らないということはあり得るでしょう。

ですのでローンを組むときにはこの2つの項目、自分の収入はどのくらいかということと、金額としてどのくらいのローンを組むのかというのをはっきりとさせましょう。

そして相対的にどのくらいの借入をしているかによって組めるかどうかが変わる、ということを知るべきです。

はっきりとした数字は言えないのですが、判断基準としてはその金額を返済できるのかどうか、という点になるかと思います。

借入を返済し、かつローンも返済出来るだけの金額なのか、収入なのかというところが判断されていると思ってください。

【参考ページはこちら】
車のローンはどうやって選べばいい?

ローンの借入が組めない場合はどのような原因があるのでしょうか

毎日の生活は数多くの出費の連続によって成り立っています。普段の食費から生活費、それに税金やローン、保険料、家の家賃だって必要であることは言うまでもありません。

その上、人はその立場によってお金を使う機会やタイミングも変わってきます。

仕事上の飲み会や接待が多い人ならばその分のお金もきちんと捻出しなければなりませんし、また仕事で急な出張が入って旅費を自分で立て替えなければならないことだってあります。

他にも日々のストレスを癒すために映画や書籍や音楽など趣味への出費が欠かせないという人も数多くいます。

そして服や靴やバッグなどのファッションアイテムの購入に関してもまとまったお金が必要になってきます。

女性ならばこれに加えて美容院やエステなどに通うことで数万円から数十万円のお金が一気に飛んでいくこともあります。

こういった出費の機会に的確にお金を割り当て、あるいはきちんと捻出して対応させていくためにも、もしもお金が不足する事態に見舞われたなら、親や友人にお金を無心するか、または消費者金融を使って借入ローンを利用すると便利です。

借入の種類としては主にカードローンとキャッシングといったタイプがあり、前者は個人専用のカードを発行しておいて、お金の必要性にあわせてその都度、近くのATMから融資金を引き出すといったものです。

こちらは継続的なお金の必要性に応えて利便性を発揮してくれるはずです。後者は融資金を銀行口座に一括振り込みしてもらうというもので、一回ごとに申し込みを行う必要があります。

主に単発的なお金の必要性に沿ったサービスと言えるでしょう。

この中からどちらのサービスを選択するにしても、自分の必要性やライフスタイルをきちんと理解した上で、どちらの方が便利なのかの決断をくだすことが求められます。

そしていずれの借入を実施するにしても、まずは申し込みから始めなければなりません。

カードローンの申し込みであればネットや電話、店舗窓口、それに街中で見かける自動契約機と呼ばれる機器の内部でも申し込み作業を行うことが可能です。

キャッシングはネットや電話などでの申し込みが一般的と言えます。

申請時には入力フォームに氏名、年齢、住所、職業、勤務先、年収などの必須事項を記載した上で、他にも現在の借り入れ金の有無、家族構成、自宅形態などが任意で聞かれますので、もしも自分の与信を高めるためにどうしても必要な時には率先して記入するとよいでしょう。

こうやって申請が済むと、今度はいよいよ消費者金融側の審査担当者によって確認作業が進んでいきます。

その際にローンが組めない状況が明らかとなり、あえなく審査落ちしてしまう人も少なくありません。それでは審査の過程でどのようにして組めなくなってしまうのでしょうか。

まずは審査担当者による申請情報のチェックから始まります。

たとえばちょっとした細かな間違いでも、これは大切なお金にまつわるやり取りですので、審査落ちとなってしまうことになりかねません。

身分証に掲載してある自分の名前と記入情報とでは文字や読み方が異なっていたり、記載した年収額が書類によって証明できなかったりする場合もあるでしょうし、または消費者金融側の運営基準にしたがって希望融資額が年収に比べてあまりに大きい場合にはお断りするケースもあります。

それに消費者金融の中にも様々な特徴を持った会社があるので、大企業や公務員などの堅実な職業の人だけに限定してサービス提供していたり、パートやアルバイトといった比較的不安定な職業の人は断られることもあります。

一方、逆に専業主婦に対して積極的に融資を行っているなど特筆すべき特徴を持ったものもあります。

申請先を選ぶ時にはこれらの中から何が自分に必要か、何が最も適しているのかをネットの口コミなどから把握した上で最終的な申し込みを行わねばなりません。

あとから自分の職業では組めないと分かっても遅過ぎます。事前の入念なリサーチや積極的な電話相談の活用なども助けとなってくれるでしょう。

さて、こうして最初のチェックをクリアすると次に信用機関の情報照会が行われます。

この信用機関とは、加盟している消費者金融どうしが顧客の借入履歴をすべて持ち寄って、損失を被りそうな人が借金を重ねてしまわないように厳しいチェックを重ねるための大事なものです。

こうした履歴からまず、申請者が過去に他社で返済の遅れを引き起こしていないか、または経済的に破産してしまい法的処理を行ったりしたことがないかを確認します。

これらに引っ掛かっているとそれはブラック情報と呼ばれ、一発で審査落ちの対象となってしまいます。

信用機関でのチェックはこれだけではありません。

他にも信用情報ではその対象となる人物が過去にどのくらいの借金を行ったか、そして現時点でどの程度の借入が継続しているかもすぐに判明します。

そもそも全ての消費者金融は総量規制と呼ばれる決まり事を守る義務を持っており、これは個人への融資限度ラインを年収の3分の1までとするものです。

つまり、他社からの借金を加えて全ての合計が年収の3分の1を超えるものであった場合、それが分かった時点で融資は困難となります。

こうしてバレないと思って申し込んだところ、総量規制に引っ掛かって審査落ちしてしまう人も数多くいるようです。

もしも現時点で借金をしている人は自分がその上限にかかっていないかどうかをしっかりと確かめた上で手続きを進める必要があります。

そして、信用機関には申し込みブラックという情報も記録されています。

これは短期間の間に複数の消費者金融に申し込みを行って、その都度審査落ちしてしまった場合に記録されるもので、万が一このように処理されてしまうとこれもまた、金策に必死な人という評価をされてしまい、結果的に審査に通過しにくくなってしまいます。

そのため、数多く申し込んでどれかに引っ掛かればというやり方で臨むと大きな失敗を被ってしまう可能性が高まりますので、申請先は十分にリサーチして選んだ上で、成功法にもとづいて申し込むことが大切です。

こうして以上のチェックポイントにおいて問題がなければ、審査は次の在籍確認という段階へと進みます。

これは消費者金融の担当者が申請者の勤務先へと電話をかけ、その人物が本当にその会社に所属していて、きちんと勤務実積があるのかどうかを確認するためのものです。

もしもこの時に電話に出た人がうまく通話を取り次いでくれなかったり、そのような社員はいませんと断言されてしまった場合、在籍確認が出来なかったとして審査通過も困難になってしまいます。

世の中には様々な職業、そして職場があるものです。
(⇒様々な職業の方におすすめの借入情報

職場自体があまり電話連絡を必要としないところだったり、派遣社員やアルバイト、パートなどで電話がかかってくること自体が怪しまれてしまうこともあるでしょう。

そんな時に借金の確認電話だとバレないためにも、消費者金融によっては在籍確認の出来づらい人を対象に他のやり方で会社への所属を確認する方法を採用しているところもあります。

たとえば給料明細書や採用通知書をはじめ、その他の公的な書面などで証明出来る場合にはその方法を選択すると良いでしょう。

こういった点に関しても消費者金融の店舗窓口や電話相談などで受け付けてもらうことができます。

以上のような審査過程を経て何も問題がなければ最終的な融資の実施が決定します。

借金が組めない時には上記に挙げた中のどれかに該当する不備があるはずですので、事前にしっかりと対策や自分の状況を把握した上で審査に臨むとよいでしょう。

また、どうしても自分の審査落ちに納得がいかない場合、消費者金融の中にはそれらの理由を教えてくれるものもあります。

そういったところで思いがけないポイントが判明するケースもありますので、挑戦してみるのもよいでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.