年収によってローンの借入限度額はどのくらい変わる?

年収が高ければ高いほど、借入の限度額ってすごく上がると言うじゃないですか。

1000万円とか2000万円くらいの金額であれば、特に借入の限度額って高いというイメージがありますし、極度額まで借りられるようになっているんじゃないかと思います。

極度額まで借りられるというのはすごいと思いますが、だいたい年収がどのくらい上がれば、どのくらいまで限度額が上がるというようなイメージ何でしょうか?

年収が上がったらやっぱりたくさん借りられるようになるということでしょうか。

借入限度額は年収の半分~3分の1くらい上がる

一般的にローンの借入限度額というのは年収が上がれば一気にたくさん上がる、というようなイメージがあるかと思いますが、そこまでたくさん上がらないというのが実情です。

一番影響を与えて申込みの審査が通りやすくなるようなものというのが収入であると考えている人もいるでしょう。

たしかにその要素は間違いなくあるんですけれども、借入限度額の上がり方は結構低いと思ってください。(こちらもご参考に→定年後は借入限度額も下がる?

借入限度額がもし限界まで上がるというように考えた場合ですが、例えば月に1万円の昇給があったとしましょう。

昇給1万円ですから年間に直すと12万円、ボーナスが3ヶ月あれば15万円といったところです。

ここまでの金額が上がれば1年後には一気に借入金額が上がるだろうと思うかもしれませんが、現実的には枠は5万円~7万円程度くらいまでしか上がらないというのが正しいでしょう。

なぜそんなに上がらないのか、せっかく1年も待ったのにと思うかもしれませんが、基本的には消費者金融や銀行系カードローンはルールによって決められているからです。

消費者金融の場合は年収の3分の1までというように決まっていますし、銀行系カードローンの場合は2分の1までという業者が多いとされています。

ですので、借金は収入が高くなっても意外に借入限度額が上がりにくいのです。

でもやっぱり年収1000万年を超えるような人たちは借入金額が大きいのは事実です。日本での昇給はどうしても多くて大体年間で10万円~20万円といったところです。

ルール上半分から3分の1までしか挙げられないということもありますから、あまり期待しすぎないほうがいいでしょう。

もちろん限度額まで借りるにはそれ相応の信用が必要になりますので収入だけではないですが。

借入限度額については上げるというのはすごく難しいものです。ですので、気長に信用を少しずつつけていったほうが、収入を上げるというよりも枠を広げやすいかもしれませんね。

ローンと総量規制・年収に対する借入限度額とは

急な冠婚葬祭などでお金がすぐに必要になってしまったり、生活費がお給料日を待たずになくなってしまったり、日々の生活の中でお金が足りなくて困ってしまうことは、誰にでもありうることです。

このようなときには、キャッシングやカードローンを利用してお金を借りることで、そのピンチを乗り切ることが可能です。

しかし、2010年6月に貸金業法が大幅に改正されたことにより、それ以前とはローンによる借入事情が大きく異なることになりました。

それ以前の貸金業法では、出資法という法律によって利息制限法の上限金利を上回る利息を付して貸し付けをしていたり、さらには年収による貸付金額の上限を法律で定められていなかったために、利用者の返済能力以上のお金を貸し付けていた業者が目立ちました。

このことは、利用者の生活に大きな弊害を生み、最終的に自己破産などの状態まで追い込まれてしまう方も少なくなかったのです。毎月の返済額には、借金の元本のほかに利息を多く含みます。

これは、金利が高ければ高いほどこのような傾向になります。つまり、以前は高い利息で返済能力以上のお金を貸し付けていたわけですので、やはりこのように経済的に困窮する人を多く生み出してしまっていたのです。

このような状況を是正するために2010年6月には貸金業法の大幅改正が行われたわけですが、その中でも目玉の法律が「総量規制」という法律です。

総量規制は貸金業者に対して貸付金額の上限額を利用者の年収の3分の1以下に制限させる法律です。言い換えれば、利用者は自分の年収の3分の1が借入限度額となるのです。

また、利息に関しても利息制限法に基づいてすべての金利が設定されるようになりましたので、貸金業法の大改正以降はローン破産者はそれ以前と比較すると減少傾向にあります。

しかし、この大改正によって、やはりダメージを受けた方もいらっしゃるというのが現状でもあるのです。

例えば、専業主婦の場合にはご自分には収入がありません。総量規制はあくまでもご自分の収入が基準になりますので、専業主婦は消費者金融などの貸金業者からはお金を借りることができないのです。

また、クレジットカード会社のキャッシング枠に関しましても、やはり総量規制の対象になりますから、専業主婦は利用することができません。

しかし、総量規制によってやはりお金の借りすぎを防ぐことができますから、やはり意味のある法律であることも事実です。

また、アルバイトやパートで働いている方であっても、その収入の範囲内であればお金を借りることが可能ですから、この点については安心して大丈夫ですし、やはり消費者金融でお金を借りることには大きなメリットがある場合も多いのです。

消費者金融の場合には、なんといっても審査が迅速です。また、インターネットの普及によって、申し込みから審査、契約までのすべての手続きにおいて来店不要なので、この点でも利便性はとても高いものになります。

インターネットであれば、24時間365日いつどこにいても申込みをすることが可能ですから、お金に困った時に即座に申し込みをすることができます。

また、審査はほとんどの消費者金融が30分程度で完了しますから、この迅速な審査はやはり大きな魅力です。

さらに契約手続きが完了すれば、即日振込サービスなどを利用することができますので、すぐに指定の口座に現金を振り込んでもらえます。

これは、今すぐにでもお金を借りたいという方にとってはとてもうれしいサービスであることは、間違いありません。

さらに消費者金融の場合はなんといっても多角的なサービスを行っていますので、使い方によってはとてもお得に利用することが可能です。

たとえば初めての利用の場合には金利が一定期間0%になるようなサービスがあったり、利用ポイントなどを貯めていくことで、定期的に金利が0%になるようなサービスを打ち出している商品がたくさんあるのです。

このようなものを上手に利用することで、結果的に無利息でお金を借りることも可能になりますから、とても利用価値の高いものになります。

また、専業主婦の方が全く消費者金融を利用できないかというと、そうではありません。

ご自分名義でお金を借りることは不可能ですが、ご主人に収入があればそれをもとにご主人名義でお金を借りることは可能です。

ただし、あくまでご主人の名義になりますので、ご主人の同意書や収入証明書の提出を求められることになります。

ですから、ご主人に内緒でお金を借りなければならないような場合には、この方法は利用することはできません。

そして、消費者金融とよく比較されるローンとして、銀行系キャッシングというものがあります。

銀行系キャッシングは最近ではテレビコマーシャルなどでもよく流れていることもあり、最近とても注目されているキャッシングになります。銀行系キャッシングの大きな特徴は、総量規制の対象外であることです。

つまり、年収の3分の1以下までしか借りられないというルールはありませんから、収入のない専業主婦のような方でもお金を借りることが可能になります。

ただし、やはり銀行側の独自の判断によって専業主婦への貸付は行っていない場合もありますので、この点には注意してください。

しかし、専業主婦の方でも利用できる銀行系キャッシングはたくさんありますし、何よりもご主人の同意書や収入証明書の提出も不要になるので、いざというときにはご主人に内緒でお金を借りることもできます。

そして、借入限度額については、やはり収入のある方と比較した場合には低く設定されているケースが多いです。

銀行系キャッシングの場合には総量規制の適用がないため、借入限度額が大きな商品も多いので、多額の借入をしたい場合などには利用価値が高まります。

また、審査に関しても専業主婦の方の場合にはご主人の収入をもとに行われることになりますし、ご夫婦それぞれに収入があるような場合には合算して審査をしてもらうことも可能です。

また、これは消費者金融の場合も同様ですが、審査の際には必ず個人信用情報というものを閲覧されることになります。

これも審査に大きく影響するものです。今までのローンの利用履歴やクレジットカードの利用履歴、また、これらの現在の使用状況などがすべてここには掲載されています。

つまり、延滞情報などもすべてここには記録されていますので、この個人信用情報の状態によっては審査に通らないこともあり得るのです。

ですから、個人信用情報は審査の前にできるだけクリーンな状態にしておくことが大切です。

使っていないキャッシングなどはすべて解約しておく必要がありますし、クレジットカードに関しても使うものだけを残して解約した方が確実です。

なぜなら、クレジットカードのキャッシング枠も利用限度額に大きく影響することがあるからです。

また、銀行系キャッシングは消費者金融と比較した場合に低金利のキャッシングという特徴もあります。

現在では消費者金融の商品も低金利になってきていますが、それでもやはり比較すると銀行系キャッシングのほうが金利が低めの設定になっているということができるでしょう。言うまでもなく、金利は少しでも低い商品を利用した方が返済には有利です。

ただし、消費者金融の場合には無利息期間がある商品もありますので、しっかりと比較して少しでもお得な商品を選ぶようにしましょう。

銀行系キャッシングは以前は審査が遅く、即日借入ができないというイメージも強かったのですが、現在では審査もとてもスピーディになっていますし、銀行内に設置されている専用ATMを利用することで即日融資を受けることもできます。

また、専用ATMは個室になっていますから、この点も安心してください。

消費者金融でも銀行系キャッシングでも、お金を借りる場合には計画的な利用が大切だということは言うまでもありません。借入前には必ず返済シミュレーションを行い、計画的な利用を心がけるようにしましょう。

このことさえしっかりと守って利用すれば、キャッシングはお金のピンチの際に助けてくれる、とても心強い味方になってくれるはずです。

【参考ページはこちら】
借入審査で断られても再申込みできる?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.