アルコシステム借入シュミレーションは信用できる?

あるところで調べてみたのがアルコシステム借入れシュミレーションです。

私が検索をして見つけたんですけれども、本サイトであるアルコシステムの方には基本的に借入シュミレーションのシステムはなかったんですよね。だから他にないか探していたんです。

で、見つけたところで計算をしてみるとそれなりに借入をした後も返済できそうな感じでした。

だから借り入れをしようかなとも思っていますが、そのためにはアルコシステムの借入シミュレーションがあっているのかが大事になります。この結果は信用しても大丈夫でしょうか。

アルコシステムに連絡をして聞いてみるのが早いだろう

中小の消費者金融やキャッシングに詳しい人なら、聞いたことがある名前の一つだと思いますが、あまり全国的にはアルコシステムのことを知っている人は多くはないでしょう。

まぁ当然といえば当然ですが、中小の業者の知名度というのはそういうものです。

アルコシステムのことを知らない人が多い中、知っているということはそれなりに使えそうな中小の業者を探したということだと思いますが、それならば中小の業者というのがどういうものか、ある程度わかったのではないかなと思います。

それはこういったシュミレーションなどがおいてあるところはほとんど無い、ということです。

だからこそ外部でいろんな業者の返済に関するシミュレーションが出来るようなサービスが作られているわけです。大手なら必要はありませんが中小の業者なら必要というわけです。

で、このシミュレーションですが信用できるかどうかというとこれもなかなか難しいところです。

金利と返済については信用はできると思いますが、アルコシステムでも何でもそうですが、絶対に手数料というものがかかってきます。手数料の計算は別でしないといけません。

また手数料と金利を合わせて返済していき、遅延損害金を支払うときなども考えると非常にややこしくなっていきます。

ですので、基本的には返済についてや借入についてのことはアルコシステムに電話をして聞いてみるのが一番早いと思います。

中小の業者はまだまだネットを使いこなしているところのほうが少ないですから、中小の業者についての話は外からのソフトを使ったりしてあまり信用出来ないと思ったら、直接電話をして聞いてみるのが一番早いでしょう。アルコシステムもそれは対応をしてくれるでしょう。

アルコシステム以外の中小の業者もまぁ同じようなものです。まだホームページから借入申込や質問などが出来るだけ、アルコシステムは良く出来ている中小の消費者金融だと言えると思います。

ここでシミュレーションもあればいいですが、それは贅沢というものです。

中小の業者を使う時にはこういった工夫も必要になりますから、アルコシステムを使うというのであれば、直接連絡をして聞いてみるのが一番手っ取り早いのではないかと思いますよ。

【参考ページはこちら】
その他会社で借入したい方におすすめ記事

アルコシステム借入シュミレーションで利用できるか確認を

アルコシステムは、消費者金融会社の中でも老舗です。1983年から営業を続けていますので、信頼度という面において高い評価があります。

融資は全国どこからでも利用することができますので、都心に住んでいなくても使えます。

来店不要のシステムが導入されており、申し込みのためにわざわざ出向く必要がないのも大きなメリットです。

通常、キャッシングの申し込みでは自己破産や債務整理、特定調停をしたことがあるとマイナスポイントになってすぐに否決されてしまいますが、アルコシステムでは一定の条件を満たせば契約できる可能性があります。

アルコシステムの最も大きな特徴の一つである自己破産や債務整理をしたことのある人でも相談できるという点は、他の消費者金融会社とは大きく異なるところです。

大抵は門前払いされてしまいますので、簡易審査でも通ることができません。

簡易審査で通らなければ、通常は本審査にも通りません。つまり、最低限でも簡易審査に通る状態でなければ申し込みができないということです。
(⇒借入の審査についてもっと詳しく

そうすると、過去に一度でも自己破産や債務整理をしていると、選択肢はかなり限られてくることになります。そのような人々を救済してくれる可能性があります。

また、大手の消費者金融会社では実現できないような柔軟な対応も魅力の一つです。

大手の消費者金融会社は、ある程度区切りを決めて対応しなければ処理しきれませんので、どうしても杓子定規になってしまいます。

しかし、老舗でありながら規模としては大手消費者金融会社のような大きさではありませんので、その分個々のケースに応じた柔軟な対応が期待できます。

お金を借りる人にとって、事情をくんで対応してくれるのは、とてもありがたいことです。

借り入れまでの大まかな流れですが、まず最初にインターネット経由で申し込みを行います。

その後、審査結果がメールで知らされます。審査の結果否決でなければ、次のステップに進みます。

アルコシステムの担当者と電話で契約内容の確認を行い、銀行振り込みで融資が行われれば完了です。

電話は、自宅か携帯電話、もしくは勤務先でも構いません。利用者の都合の良い方法を選択することができます。

その際、あらかじめ時間を指定しておくことも可能です。契約書は、後日郵送されてきますので、必要事項に記入して返送します。

大まかな流れとしてはこれだけですので、非常にシンプルで分かりやすい仕組みだといえます。

スムーズに融資を受けるために、まずは諸条件を確認しておくことも大切です。融資額の範囲は1万円から50万円までです。

貸付利率は18.0%~20.0%で、融資額が10万円未満の場合には20.0%になります。遅延が発生してしまったら、年率で20.0%の支払いが発生します。

返済をする際には、銀行振込をするか店頭まで持っていきます。返済方式には色々な種類があり、一括返済・元利均等払い・リボルビング返済・元金均等返済から選ぶことができます。返済回数は36回までとなっています。

申し込みの条件を見てみると、他の消費者金融会社とあまり変わりません。まず大前提になるのが、20歳以上で安定した収入のあるということです。
(⇒借入の年齢制限について

安定した収入の判断は会社によって多少の差があるようですが、無職では難しいという点ではどこも同じです。

提出する書類としては、運転免許証や健康保険証、パスポートの写し等があります。

担保や保証人は不要ですので、条件を満たしていて必要書類がそろっていれば、すぐに申し込むことができます。

インターネット経由での申し込みですので、不備が見られるケースもあります。

申し込みフォームにあまりにも空欄が多いと審査対象外になってしまうこともありますので、注意が必要です。

入力の際に必要になりますので、事前に自宅の郵便番号を調べておいたり、健康保険証、運転免許証を手元に用意しておくとスムーズです。

すぐに融資を受けたい場合には、手続きがスムーズに進むように、こうした事前の準備が必要になります。

申し込みは、24時間オンラインで行うことができます。急にお金が必要になることは、誰にでもあります。

しかし、店頭からでの申し込みに限られていたり、時間内でないと手続きが進まないようでは、迅速に手続きを進めることができません。そういった面でも、アルコシステムは優れており、急な出費に対応することができます。

申し込む前には、本当に融資を受けられるのだろうか、と不安になる人は多いようです。

そのような人々の不安を解消してくれるのがシュミレーションシステムであり、きちんと現状を把握するために必要なシステムです。

アルコシステム借入シュミレーションでは、正規の申し込みを行う前に本当に利用することができるのかをWeb上で診断してもらえます。

申込ブラックになるのを回避するためにも、事前に必ず試しておきたいところです。

見切り発車で色々なところに一度に申し込んでしまうと、消費者金融会社の方からチェックがかかってしまってマイナスの印象を与えてしまいます。

一度に申し込むのは、多くても2社程度にしておいた方が安心ですし、見込みのないところに申し込むような効率の悪いことをしないためにもシュミレーションは必要です。

シュミレーションを活用しても、結果は必ずしてもその通りになるとは限りません。

つまり、シュミレーションで利用可能と判断された場合でも、実際の申し込みでは断られてしまうケースもあります。

シュミレーションを行ってみたがまだ不安があるという場合には、アルコシステムではどのようなケースでも親身に相談に乗ってくれますので、まずは相談してみることが大切です。

このようなきめ細かなサービスは、アルコシステムの大きな特徴です。

他社からの借り入れ件数が多い、固定電話を持っていない、自己破産したことがある、他からの借り入れで遅延を発生させたことがある、勤務先での在籍確認が困難等、様々な理由で融資を受けられない人たちがいます。

他の消費者金融会社に申し込んで断れた場合でもとりあえず相談に乗ってくれますので、もう融資を申し込むところがないというように追い詰められているケースで利用したい会社です。

自己破産をしている場合、注意しなければならないポイントがあります。それは、既に免責が確定しているかどうかです。免責が確定していれば、融資を受ける対象となります。

他の債務整理である特定調停や個人再生等の場合には、手続きが終了していて、その分割返済が開始されており、遅滞なく支払えているのであれば問題ありません。

他社での遅延については、ある程度の限度が設けられています。延滞期間が4カ月以上になると難しくなりますが、3カ月以内なら検討してもらうことができます。

遅延は消費者金融会社から見ると信用問題に大きく関わる部分ですので、他社ではすぐに断られてしまう可能性が高いのですが、アルコシステムは比較的審査が甘いので、利用できる可能性が残されています。

ただし、信用に対する取り引きであるという事実は変わりませんので、融資を受けたら、確実返済していけるように努力することも忘れてはいけません。

消費者金融を利用する時には、必ず先にシュミレーションを試してみなければなりません。むやみやたらに申し込むと、チェック対象となって融資を受けにくくなります。

実際に融資を受けた後ではないのだから関係ないのでは、と考える人もいますが、実際には一度に多くの申し込みをした時点でチェックが入ります。

賢く消費者金融を利用するために、条件面を細かく調べることも大切です。

1社で断られてしまっても、他から借り入れすることができる可能性がありますので、すぐに諦める必要はありません。

お金が必要な時はすぐにでも用意したいということが多いので、効率を上げるためにもシュミレーションをうまく活用することが大切です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.