借入をしていてさらに借り入れできる人の特徴とは?

世の中には借入が出来る人とできない人、2つに分かれていると思います。

収入が高いとか低いとかも影響をしていると思いますし、他に借金があるかどうかというのも影響をしていると思います。

で、そういう借入が出来る人とできない人以外にも借入をしていてさらに借り入れできる人もいます。

借入をしていてさらに借り入れできる人もいれば出来ない人もいるし、どちらかと言うと更に借りられるという人のほうが少ないと思います。

しかしどうして更に借りられる人というのは借りることが出来るものなのでしょうか。何か特徴的な違いがあるのですか?

特徴として収入が大きいか枠を余らせている傾向にある

ほとんどの人が借りられる人もいれば借りられない人もいるように、基本的には借り入れをしていてさらに借入出来る人の方が少ないというのは間違いではありません。

借入を出来る人は少ないですが、借りられる人には特徴があります。

特徴は主に2つ考えられるんですが、一つが収入がかなり大きくて平均以上に借入をすることが出来るような人たちです。

もう一つが収入はそこまで大きくないかもしれないけれども、使っていない借入枠というのがかなり多く残っているという場合です。

まず一つ目の収入が大きい人ですが、収入が大きい人というのは平均以上に借入の枠をもらえます。

ですので一般的に枠をもらってその枠内でやりくりをしていたとしても更に他のところから借りることが出来ます。

枠をいくつかもらってもまだ年収の3分の1にも届かないという人もいるのです。

そういう場合には借入枠が多くあったとしても、借入をさらにすることが出来るでしょう。

だから年収が高いという人は借入をしていてさらに借り入れできる人だと言えます。

年収があまり高くないという人は借りられないのは枠が詰まってしまうからなのです。

もう一つそれと同じように考えられることとして、借金をしているとしてもその借入枠を制限していて年収の3分の1や2分の1にまだだまだ届いておらず、枠に余裕があるというような人は借入をしていてさらに借り入れできる人に当てはまります。

例えばですが、10万円の借り入れをしているとして、その人の年収は300万円あるとします。

少額借入をしているのですが10万円の借り入れをしていると言っても枠は残り総量規制までと考えても、90万円も残っているのです。ここで貸出をする業者は多くいるでしょう。

というようにこの2つの事例から見てもわかるように、借入をしていてさらに借り入れできるという人の特徴として一般的に借入をしている人の枠がどのくらい使われているかということが大事なのです。

お金持ちでも限界まで枠を使っていてれば、更に借入をすることは難しいでしょう。

こういった枠の管理というのはあまり行っている人はいないですが、しっかり管理することによって、複数借入をしたり、さらに増額審査を受けることも出来るなど、プラスの面も大きいのです。

自分の限度額と枠についてはよく考えておいたほうがいいでしょうね。

【参考ページはこちら】
複数のカードローンを契約してるとローン審査に落ちる?

借入をしていてさらに借り入れできることを知っていますか

すでに、どこかの消費者金融などで借入していると、もう他社を利用することはできない、借入はこれ以上できないと思っていませんか。

確かに、なるべく早めに返済したほうが良いことは確かです。

今、借入をしており、返済が終わっていないと言うことになると、その返済が完了してからでなければもう借入はできないのではないかと思う人は決して少なくないはずです。

返済した後でなければ、信用されないのではないかと不安に思ってしまうこともあるでしょう。

できることなら、返済を終えてから他の借入をしたほうが生活は楽なのではないでしょうか。

しかし、実際は借入をしていてさらに借り入れできるのです。そんなことができるのかと驚いてしまうかもしれません。

ただ、あまり良い印象にはならないかもしれませんので、あまり借りすぎないように気を付けたほうが良いでしょう。

あまりにも多額の借入を得繰り返してしまうと返済に追われる日々になってしまうはずです。

このような考え方であればわかりやすいのではないでしょうか。念願のマイホームを建てるために住宅ローンを組みました。

しかし、住宅ローンだけで足りるとは限りません。家を買った後に、車を購入することだってあるでしょう。

そうすると、車は別にローンを組んで購入することになるのではないでしょうか。この場合は、住宅ローンと自動車ローンの二つを利用することになるというわけです。
(⇒ローン中の車で借入を受けられる業者って?

借入をしているけれど、また別の用でお金が必要になると言うこともあるでしょう。

だから、絶対に借入しており、返済の途中であったとしても借り入れはできるというわけです。

誰でも必ず借入できるのかというと、さすがに絶対とは言いきることができません。どうして、絶対にという言葉を付けなかったのでしょうか。

貸金業法を聞いたことがありませんか。貸金業法は聞いたことがなくても、総量規制は聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

総量規制と聞いてもピンと来ないかもしれません。では、年収の3分の1以上借りることができないという言葉であれば聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

これがとても重要なポイントです。複数の借り入れをすることがあっても、総量規制の範囲内でなくてはならないというわけです。

貸金業法で定められていることですので、年収の3分の1までであれば他の借入もできるでしょう。

自分で借入金額を計算した上で、年収の3分の1を超えていないと確認してから他の借入を申し込むようにしたほうが良いでしょう。

他社から借入すれば、自分がいくら今の時点で借り入れているかなんてわからないのではないかと思っていませんか。

借入金額は重要な機密事項のような気がしてしまうかもしれません。

しかし、信用情報は共有情報ですから他社にも伝わってしまいます。

バレないと思って他社で年収の3分の1を超える金額を借りようと思ったとしても、断られてしまうでしょう。そんなに甘くはないと言うことです。

ただし、年収の3分の1を超えていないからといって、必ずしも借入できるとは限らないのです。

もう一つ押さえておきたいポイントがあります。何社から借り入れしているのかと言うことです。消費者金融は大手だけではありません。

中小規模もたくさんあります。とても多いからといって、いろいろな会社から借入てしまうというのは決して良いことではありません。

申し込みをしており、利用したことはあるけれど、今は完済しているということであれば特に問題はないでしょう。

何が問題なのかというと、返済が続いている会社がたくさんある場合です。自転車操業のような状態になっていては自分の会社への返済ができるかどうか消費者金融側が不安に思ってしまいます。

あまりにもたくさんの会社から借入ている人の場合は、申し込んだとしても断られてしまう可能性が非常に高いです。

どうしてももう少しだけ借入できないかと思ったら、今ある借入を整理整頓しましょう。おまとめローンを利用してみてください。

あまりにも多くの会社から借入ている場合は一本化とまでは行かないかもしれません。それでも二本くらいに減らすことができるかもしれません。

これくらいであれば、また、他社から借入たいと思っても断られなくて済むかもしれません。

複数の借入をする時は、特に返済計画が重要になってきます。

どうしてもお金が必要だから複数の借入をしたわけですが、きちんと返済しなければ最悪自己破産ということになってしまいます。

そうならないようにするためにも、余裕を持った返済計画を立てておきましょう。

出来ることなら、複数の借入をする際にはスタッフの人と良く相談しておいたほうが良いでしょう。

どのような返済をすればいいのかをプロであるスタッフと良く話し合っていればそれほど返済が苦しくならなくて済むかもしれません。

今では、消費者金融などのホームページ上に返済シミュレーションが設置されていることが良くあります。

匿名で使うことができるので、気軽に利用してみてください。しかも、使い方もとても簡単です。

画面に表示されている通りのことをするだけです。必要な情報を入力していけば良いだけです。

これなら、あまり機械が得意ではない人であっても使うことができるでしょう。そこに表示された数字を見て、どのような返済計画にすれば良いのかを考えましょう。

複数の借入がある場合には、それぞれの借入に対する返済シミュレーションをすることになるでしょう。

これから他社への借入を考えている人も返済計画を立てるために使ってみてください。この時、かなりタイトな計画にならないようにすることがポイントです。

出来るだけ余裕を持って返済できるように数字を組み合わせていきましょう。

これくらいなら余裕があると思ったらその返済計画を進めていきましょう。

借入をしていてさらに借り入れできるからといって、気を緩めてはいけません。複数の借入をするということは、それだけの責任が自分の肩にのしかかってくると考えましょう。

そういう気持ちで返済していれば、繰り上げ返済もどんどんできるでしょうし、思ったよりも早くすべての借入を完済することだってできるでしょう。完済するまでは気を緩めないようにしてください。

とても便利ではありますが、やはり、複数の返済日がひと月の間にあると精神的に追い込まれてしまうという人もいるようです。

自分の場合はどうなるかを事前に考えておいてください。

自分であれば、返済日がひと月の間に複数回あっても特に気にならないと思うのか、それとも、ついこの間返済したばかりなのに、もう明日には別の返済をしなくてはならないのかと不安になってしまわないのか。

このような想像力を働かせることも大事なことです。

お金を借りたら、必ず返さなくてはなりません。とても便利なので、そのような考え方が欠けてしまう人も中にはいるのです。

借入をしていてさらに借り入れできるのは便利ではありますが、自分でお金の管理をしっかりできる人でなければうまくいかないはずです。

借入直後に他社から借入するよりは、一つはもう完済できそうな状態で他社から借入るというほうが良いでしょう。

もちろん、お金の管理がきちんとできる人であればこのような工夫をする必要はないとは思いますが、それほどお金の管理が得意ではないと言う人は、このやり方を参考にしたほうが返済がとても楽になるはずです。

いつどこでお金が必要になるのかはわかりません。突然、何かに巻き込まれてしまってまとまったお金が必要になることもあるでしょう。

家を建てたけれど火事などにあって新しく建て直すとなれば、もう一度借入る必要があるでしょう。だから、複数の借入はどんな人にも起こりうることなのです。

借入が一つだけでは困る人が多いでしょうから複数の借入も可能なのでしょう。複数の借入であっても余裕を持って必ず返済してください。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.