たまに耳にするけど闇金とは一体なに?

闇金って言葉をよく耳にしますが、銀行や消費者金融とは違うの?一体、どういったものなの?

闇金は非常に高利な貸金業者です

闇金は、非常に高利な貸金業者です。銀行や消費者金融などの金融機関で、お金を借りられなくなってしまった人、破産をしてしまったような人をメインターゲットにして、貸金業を営んでいます。そういった人にも貸出をしているため、一見、便利なように思える闇金ですが、その内情は、違法な高利貸しです。

出資法によると、29.2%以上の金利は禁止されています。しかし闇金では、「10日で1割」のトイチと呼ばれる利率を代表として、短期間の利息だけで、借りた元金の額を超えてしまうといったことはざらにあります。この出資法の規定に反している闇金業者は刑事罰の対象となるため、本来は全て逮捕されてもおかしくない状態であると言えます。

しかし、なぜこの闇金が世間からなくならないのか。それは、闇金に手を出してでもお金を工面しなければならないという人が、いなくならないからであるといえます。多重債務状態になってしまった人は、返済に追われ、どこにも頼るアテもない。銀行も、消費者金融さえもこれ以上は貸してくれない、家族や親戚、友人などにも借りることができないという状況に追い込まれてしまうと、つい手を出してしまいたくなるという、人間の心理から来ています。

この人間の心理を利用するのが、闇金業者は非常にうまいのです。どうやったら、どのように言えば、顧客がお金を支払うかを、熟知しています。審査もなしで、誰にでもお金を貸す理由は、取り立てる自信があるからです。どんなに底をついている人からも、必ずお金を回収する。そう言った意味では、お金を貸すプロというよりは、お金を回収するプロであるといえます。

一度手を出してしまったら、抜け出すにはとても力がいります。違法な金利での貸金なので、法律を盾にすれば、支払いを止めることはできるようです。しかし、闇金を利用するような状況に陥ってしまうと、そもそも弁護士に相談する事すらできないような心理状態や金銭状態であったり、世間体を気にしたり、闇金業者の言葉で不安となり法的手段にでることを恐れてしまったり、などといった理由から、なかなか簡単にはいかないのが現実であるようです。

健全な生活を送り、闇金業者は利用しないように心がけましょう。

闇金とは?その素朴な疑問に的確答える!ヤミ金の光と闇について

闇金ってどんな金融業者?
闇金とは?と聞くと多くの人が「ヤバい金融」と言うことはなんとなくわかるものの、具体的にどのような金融業者が闇金融かはわからないことも少なくありません。具体的に闇金融とはどのような金融なのでしょう?実は闇金融と言っても人によってその認識には違いがあります。

金融業者が最初にしなければならないこと
消費者金融業者は営業を行う前にまずは登録を行う必要があります。その登録を行わずに営業している消費者金融業者は、紛れもなく闇金融です。中には良心的な金利で、特に違法な取り立ても行わずに営業しているところもあるかもしれません。しかし、それでも登録を行っていない時点で闇金と言うことができるでしょう。

登録をしていなければ闇金確定!
いくら営業を法に従って行っていたとしても、登録していない時点で最初から法律を守っていないことは紛れもない事実です。つまりその時点で違法な金融業者と言うことになります。そうなると確実に闇で金融業を行っている、つまり闇金ということになるのです。いくら良心的であったとしても、最初から法律を守る気はないのですから、いつ利用者にその牙を剥きだすことになるのかは誰も分かりません。

登録さえしていれば闇金ではないのか?
この考えに基づけば登録さえしっかりと行われていれば闇金ではないということになります。確かに狭義の意味では闇金ではないかもしれません。しかし、法定以上の金利を設定していたり、違法な取り立てを行っているような金融業者は、例え登録をしっかりと行っていたとしても一種の闇金ということもできます。

闇金がなくならないその理由とは
闇金融がなくならないその理由は、貸付の時に審査の基準となっている信用情報にあります。信用情報は銀行や消費者金融業者、そして信販会社がお金を貸すときの一種の基準で、安全にお金を貸すためには必要なものです。しかし、一旦信用情報が傷ついてしまえばお金を借り入れることは難しくなります。

借り入れができなければ闇金から借りるしかない
その借り入れが難しくなった人がお金を借りる方法は一つしかありません。その一つが闇金融などの違法な闇金ということになるのです。できれば大手の金融業者で安全にお金を借りたいのは誰でも同じです。しかし、どうしてもお金が必要なのに安全な金融業者がお金を貸してくれないのであれば、その人は闇金を利用するしかなくなってしまうのです。

債務整理を行えば無条件で借りれなくなる?
例えば借金を抱えてそれを任意整理したような場合には、利息は加算されなくはなりますが、借金の支払いは継続することになります。借り入れていた金額によってはその毎月の支払い金額が大きくなってしまうこともあるでしょう。そのような時は信用情報がブラックになっています。細心の注意を払いながら生活をしていたとしても、急な出費が発生すればその時点で即座に闇金からの借り入れをせざるを得ないような状況に追い込まれてしまいます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.