自営業で審査通ったという口コミがあれば借入多い人も大丈夫?

口コミには「自営業でも通りました!」というものが多い業者を発見しました。具体的にどの業者ということは言えないんですけれども、中堅の消費者金融です。

ここで自営業でも審査通ったというような声が多いということは、借入多い人でも大丈夫ということでよろしいでしょうか?

自営業は結構審査通ったという人が普通の消費者金融では少ないようなイメージですから、自営業の人が通るということは、中堅の消費者金融でありながら、借入多い人でも借りられるというように思ったのですが…違うのでしょうか。

審査は甘いと思うが、必ずしも借りられるとはいえない

おそらく自営業で審査通ったという人の声が口コミで多いというのであれば、それはかなり審査が甘い方の業者であるということは間違いないでしょう。

審査が甘い業者なのは間違いないのですが、だからといって借入多い人がかならず審査に通るか?というとそういうものでもありません。

借入審査に通るかどうかというのは自営業の人が通るのとはまた違うからです。

自営業の人やパート・アルバイトは確かに消費者金融で借りるときには不利になりがちです。

どうしても借金をするには返済可能性が低いということで、返済できないんじゃないかと思われているというわけです。

しかし業者によっては自営業でもパート・アルバイトでも、収入がそれなりにあればちゃんと正社員並みに扱ってくれるところもあります。(こちらもご参考に→フリーターでも借入できるの?

ただ借入が多い人になるとちょっと話が変わってきます。借入が多い人も返済ができないという点で同じように思えますが、総量規制の問題が関係してきます。

総量規制ギリギリまで借入をしている人が申込みをしたとしたら、それは法律上の問題でどういうところでも貸してくれないでしょう。

たとえ大手ではない中堅の業者だったとしてもそこは柔軟には考えてもらえない可能性が高いです。

ですから一般的には借入が多い人はパート・アルバイトや自営業よりも借入をしにくい、というように思ったほうがいいんじゃないでしょうか。
(⇒自営業が借入するための年収はどこで判断される?

それくらい借入を多くするということは大変なことなのです。

あまり借金が多いということに対して、総量規制のうちなら大丈夫だろうと思っている人も多いようですが、新たな借入がしにくいという点では圧倒的に大変だといえると思います。

消費者金融にしても銀行系カードローンにしてもこれは同じです。総量規制の関係ない銀行系カードローンであっても、ぎりぎりまで借りている人というのは印象が悪いので審査に通りにくいと思ったほうがいいでしょう。

自営業が審査通ったという口コミだけで判断しないほうがいいかもしれませんね。

【参考ページはこちら】
起業するために借入することはできる?

自営業で借入多い人でも審査通った。その口コミは信用できる?

貸金業や銀行など、現代ではさまざまな場所からお金を借りることができるようになりました。

特にカードローンやキャッシングといったようなお金の借り方は「お金が欲しい」と思った瞬間にでも、融資申し込みの受け付けさえしている時間なのであればいつでも融資を受けることができますから、非常に便利な物となっています。

しかしここで必ず注意しておかなくてはならないこととなるのが「誰でも無条件で融資を受けられるわけではない」ということです。

カードローンにしろキャッシングにしろ、融資が行われるということは必ず「返済ができそうかどうか」を見られることになるのですから、そこでもし「返済をしてくれる可能性が低い」と判断されてしまったのであれば、お金を借りることは出来なくなってしまいます。

審査においては返済の可能性が特にチェックされることになるわけですから、一般的に安定した収入を期待できるとされている「正社員」の場合にはかなり有利になるとされています。

またアルバイトやパートといったような人であっても、収入の水準こそ正社員より低くなることがあるとはいえ、しっかりと働いているのであれば信頼をするに足る収入を確保できることも多いでしょう。

そのため、アルバイトやパートだからといったような理由だけで融資が断られることは殆どありません。

ただしかしこれらとはうってかわって、その働き方だけで審査が厳しいものとなりやすいのが「自営業」なのです。

自営業では自身が事業を運営していき、そこで得た売り上げの一部が自身の収入となります。

事業が軌道に乗っているのであれば正社員と同等以上の収入を得ることも可能なのですが、事業を軌道に乗せ続けることはたやすいことではありません。

もし事業収支が悪化して収入が少なくなってしまったのであれば、その人に対して融資をした金融機関は「返済をしてもらえない」というような事態にもなりかねません。

そしてもし融資したお金が返済されないというようなことになってしまうと、金融機関は返済されなかった分のお金が損失となってしまいますし、損失を回避するために法的な手続きなどを取らなくてはならないこともあります。

そうした事情があるため、現代の金融機関はどこもこうした立場の人に対しては審査を厳しくせざるを得ないのです。

ですがそうした事情があるにも関わらず、インターネットなどには「自営業で借入多い人でも審査通った」というような内容の口コミが投稿されることが珍しくありません。

もしこのような人に対して積極的に融資をしている金融機関があるというのであれば、利用を希望する人は決して少なくないでしょう。

さて、ではこの口コミについては本当に信用をして良いのでしょうか。

まず結論からいえば、口コミについては特定の内容が書いてあるから信用できる、信用できないというようなことは言えません。

こうした情報はどれも利用した個人の感想がベースとなっているのですから、客観的な事実とは異なることも少なくありません。

また全国規模で営業をしている大手の金融機関などになると、その事業に従事をする人の数も膨大になります。

たとえば100人の担当者が1000人の顧客を分担しているとして、1000人の顧客に対して全く同じ対応が取れるのかと言われれば、かなり厳しいものがあるでしょう。

担当者ごとに微妙な判断の基準は異なってきますし、顧客についてもそれぞれに状況が異なるため、「インターネットに会った情報だから」といってそれが必ずしも自分に適用されるわけではないのです。

しかしながら、だからといってこうした情報が全く参考にならないというわけではありません。

例えばもし意見を投稿している人の半数以上が「借入が多いのに審査通った」というような事を書いていたというような場合であれば、それは「多くの顧客に対して取られている措置である」として考えることができます。

多くの顧客に対して取られている措置であり、また自分がその措置を受けた顧客と同等の条件を有しているというような場合なのであれば、その措置は自分に対しても適用される可能性はある程度高いとして考えることができるでしょう。

よって、もし投稿している人の多くが「審査が簡単でした」というようなことや「フレンドリーに対応してくれました」というようなことを投稿していたのであれば、それはある程度信用できる情報となってくれるでしょう。

一つの情報に囚われずに様々な情報を確認し、これは口コミを情報として活用する際の基本中の基本のことです。

良い情報についてはもちろんですが、「借入金額が多いと言われて審査が通らなかった」というような情報や「トラブルが多かった」というような情報があったというのであれば、それをしっかりとチェックしておくことで自分がそのトラブルに巻き込まれるリスクを減らすことができるようになるでしょう。

そうした形で情報を活用することができたのであれば、自営業の人が融資を受けたいというような場合には非常に活用できる情報源となってくれる事は間違いありません。

ただこうした情報を見ていく際に必ず覚えておかなくてはならないこととなるのが「その情報の正確性については誰かが保証をしているわけではない」ということです。

雑誌や専門誌などで説明されているような場合、そこで説明をしている内容については出版の責任を負う出版社がある程度保証をしなくてはなりません。

もし情報の中に主観的な内容が含まれていたり、自社で情報の責任を負うことができないというような場合にはそれを断っておく言葉が書かれることとなります。

そして基本的にインターネット上にある情報は、これらの情報と同様に「内容の正確性には保証ができない」ということになっているのです。

ある程度の範囲内であれば参考にすることは非常に有用なのですが、もしその情報を盲目的に信用するようなことになってしまうと、自分にとって都合のよい情報だけを選び出してしまう恐れがあります。

そうなってしまうと、より優れた業者の情報をすべて見落としてしまい、本来であれば避けるべき業者に対して申し込みをしてしまうこととなりかねません。

さらに問題となるのが、虚偽の内容による広告です。

インターネット上にはさまざまな情報が存在しており、それらの中には業者に在籍する人が、自社の広告の為だけに口コミとして投稿をしているような情報もあります。

そうした情報はほぼ間違いなく、自社にとって都合の悪い情報を隠し、都合のよい情報だけをプッシュするようなものとなります。

もしそのような情報を信用してしまったのであれば、審査申し込みを断られる程度ならまだしも、法的なトラブルに巻き込まれることすらあり得てしまうのです。

そうした事態になってしまったのであれば、本来お金を借りるために金融機関を利用しようとしていたのに、金融機関へ利用を申し込んだことが原因となって、余計な出費が重なってしまうこともあるでしょう。

お金に関するトラブルを個人の力だけで解決するということは非常に難しく、その問題の程度によっては弁護士や司法書士と言ったような専門家に対して依頼をしなくてはなりません。

そうしたした専門家に依頼をする以上は依頼料がかかりますし、必要な書類を調達したり、申請を出したりと言った際には手数料のほか、時間もかなりかかってしまいます。

問題が解決できたとしてもそれが債務整理などの方法によるものだったばあいには信用情報に記録されるものとなりますから、利用後、5年近くの間お金を借りられないこともあるでしょう。

先にも述べたように、インターネットに投稿された感想などの意見に価値があるということは間違いのないことです。

しかしインターネット上にある情報に関してはあくまでも自己責任でチェックをしなくてはなりません。

くれぐれも自分にとって都合のよい情報だけを見てしまうことのないよう、細心の注意を払うようにしましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.