自営業でも借入の審査が緩い業者は存在する?

自営業の人は本当につらいですよね、まぁなかなかサラリーマンには理解してもらえないかとは思いますが。

自営業の人がつらいというのは簡単にいえば、信用の問題です。サラリーマンの人はあまりわかっていないと思いますが、会社員というだけでかなり信用があるのです。

一方の自営業者は借入をするにもこの信用というのが無いために、自動車ローンを組むのも難しいし、フリーローン等も厳しいのです。

審査が厳しいので落ちてしまうことが多いですが、緩い審査の業者で通りやすいところなんて、日本では見つからないのでしょうか。なんだか損をしていると思うとすごい寂しいです。

自営業者向けは公的なものと民間の借入がある

確かにサラリーマンであるということは日本の社会ではすごいプラスですよね、知らない間に信用というのがあるんだということがわかります。

その信用を持っているということで得をすることも多いですが、その得をしているのが当たり前となってしまうのでしょう。

自営業者になるとそれらがすごい有利であるということがわかりますよね。特に自営業で言えば、借入は審査が厳しいです。

自営業者が借入をするとなると本当に厳しいので、ビジネスのためであろうとも個人で使おうとしても、基本的に緩い審査のところを探さないといけないでしょう。

となると、審査のゆるい業者というのはどこか・ということになりますが、ひとつは公的な機関です。

公的な機関ではビジネス向けの融資というのをしてくれる所も多いので、一度使ってみるといいかもしれません。

もう一つ、公的な機関での借り入れをするというのもひとつの方法ではありますが、それ以外にも緩いという点ではサラ金や街金などが行っているビジネスローンを使うという方法があります。

ビジネス向けの融資というのは銀行などに行ってみればわかりますが、非常に厳しいものです。

その厳しい融資の審査に通るのは難しいですが、消費者金融系のビジネスローンなら通りやすいでしょう。

緩い審査なので通りやすいのはそのとおりなのですが、金利は高めになっているという点には注意してください。

銀行での融資だと数%で借入ができますが、場合によっては10%を超える金利を請求されることもありますので、使うときには注意が必要です。

でも他に方法がないなら、消費者金融系のビジネスローンはあり得る選択肢だと思います。

自営業者ではなくサラリーマンだと銀行系カードローンや銀行のフリーローン等も使いやすいでしょうが、自営業には少しハードルが高いのです。

これは今後も続くと思いますので、消費者金融系のビジネスローンを使う、ということを視野に入れておくべきです。

自営業で借入の審査が緩い会社はどんな金融会社?

金融会社からお金を借りるためには審査に合格しなければなりません。審査に合格するためには返済能力が重要になります。

返済能力というのは自分の年収が重要です。これとても簡単な内容であり年収が多い人は返済能力が高く年収が低い人返済能力が低いということです。

一般的に会社で働いている人は毎月決まった収入があるので返済能力が高いと判断されます。

自営業の場合は仕事の波によって収入が変わってくるので金融会社の審査に合格することが難しいと言われています。

つまり、正規雇用で働いている人に比べて自営業の人のお金を借りにくいということです。

しかし、会社で働いていない人でもお金を借りることができます。基本的に返済できるだけの収入があれば問題なく審査に合格することができます。

どんな金融会社から借入するのか申し込み先を探すのは悩みどころです。いろいろな金融会社があるわけですが大きく分けると銀行と消費者金融に分けることができます。

銀行と消費者金融ならどちらの方が審査が甘いのか、これは一般的に消費者金融の方が審査が甘いと言われています。

銀行は低金利からお金を借りることができるというのは有名な話しですが、審査が厳しいのでそれは一つのデメリットです。

消費者金融は銀行に比べると金利が高いですが審査に通りやすいのでこれはメリットです。

まず消費者金融から説明しますと、消費者金融は大きな消費者金融もあれば小さな消費者金融もあります。

テレビの広告などで有名な大手の会社は人気がありますが審査が厳しいです。逆に小さな消費者金融の方が審査が緩い傾向があるので覚えておきましょう。

小さな消費者金融とはどのような会社かといいますと、これは地方消費者金融のことです。

それぞれの各地域において町金といわれる金融会社がありますが、これが小さな消費者金融です。

大手の消費者金融と小さな消費者金融を比べると大手の消費者金融の方が融資内容は良いです。

例えばお金を借りる時にコンビニのキャッシュコーナーを利用することができたりインターネットからお金を借りたり返済したりできます。

小さな消費者金融ではこうした内容がないことがあるのでその点はデメリットです。

しかし、大手の消費者金融では信用が低下している場合やすでにいくらかのお金を金融会社から借りている場合は審査に合格することが難しいことがります。

信用が低下していても借金を持っていても小さな消費者金融だと審査に合格しやすいのでお金を借りやすいことはとても便利です。

収入が不安定になりやすい人は消費者金融からお金を借りるならこのように小さな消費者金融を選ぶ方が審査に合格しやすいです。

特に信用情報に問題があったり借金があることで返済能力の低いと判断される人はなかなか大手の消費者金融の審査には合格できないのでそのような場合は小さな消費者金融を選ぶようにしましょう。

信用情報や借金について問題がないならば自営業でも収入が安定しているなら大手の消費者金融からお金を借りることは簡単です。

次に銀行について説明しますが、銀行は消費者金融に比べて融資内容が良いです。どんな内容において融資内容がよいのかというとそれは金利です。

消費者金融は金利が高い会社が多いですが銀行は金利が低いです。金利が低いという大きなメリットがありますが審査が厳しいのがつらいところです。

しかし銀行の融資には収入証明不要で申し込むことができる内容がります。これを利用すると審査において返済能力を問われないので審査に通りやすくなります。

どんな金融会社に申し込む場合でも必ず必要書類として収入証明が必要になります。

収入証明があることで申込者の年収をしっかりとチェックすることができそれによって融資の判断をすることができます。

収入証明があると年収をしっかりとチェックされるのでそれによって返済能力が低い人は審査に合格することが難しくなります。

しかし銀行の収入証明不要なら返済能力を問われないので簡単にお金を借りることができます。

少し収入証明について説明しておきますと、収入証明というのは給与明細や源泉徴収のことをいます。

会社で働いている人は毎月の給料の給与明細や年末の源泉徴収があるのでこれを利用して金融会社へ申し込みます。

自営業の場合は会社から給料もらうわけではないので収入証明は確定申告になります。

確定申告なら年間の年収をしっかりと証明することができます。金融会社への申し込みは収入証明以外にも身分証明が必要です。

身分証明は車の運転免許証や健康保険証などです。ほかにもパスポートでも住民票でも公共料金の領収書でも身元が分かる書類なら何でもよいです。

銀行の収入証明不要の融資なら収入証明が要らないので申し込みは身分証明だけでよいです。

車の運転免許証などを用意しておけば簡単に申し込むことができます。しかも審査で収入証明がないので返済能力を問われません。

信用情報や他社の借金などに問題がないならば収入が不安定な人でも簡単にお金を借りれます。

このように消費者金融でも銀行でも審査の緩い融資内容があります。自分にとって審査に合格しやすい融資内容を探しましょう。

申し込み先の選び方としては信用情報や借金に問題があるなら消費者金融を選びましょう。消費者金融の中でも審査が緩いのは小規模な消費者金融なので覚えておくとよいです。

仕事がうまくいってない場合など収入が不安定でお金を借りにくい人は銀行の収入証明なしの融資を選ぶと良いです。

トータル的にみると融資内容にメリットが高いのは銀行です。上記で説明したように金利が低いことは大きなメリットですし、収入証明なしから返済能力を問われないこともメリットです。

ほとんどの銀行はインターネットに対応しているので、インターネットを通してお金を借りたり返済できたりする銀行が多いです。

インターネットを利用することができるとインターネットから自分の口座へ振り込み融資を受けることができます。

口座から支払いをする場合などをお金を用意しておきたい時にわざわざコンビニのキャッシュコーナーなどへいく必要がありません。

自宅からパソコンやスマートホンを利用してインターネットから振り込み融資を受ければよいです。そうすれば時間もかからず簡単に口座にお金を用意することができます。

返済をする場合でもインターネットを利用できることは非常に便利です。インターネットから任意返済すればいつでも好きな時に返済できるのでとても便利です。

ほとんどの銀行はインターネットに対応しているので、申し込み先を選ぶ時にインターネットを利用できるかどうかを確認しておくとよいです。

銀行の金利についてはしっかりと各銀行の金利を比較しましょう。銀行は基本的に低金利ですがしっかりと金利比較から選ぶ方がよいです。金利比較をするときはインターネットを利用します。

インターネットを利用すれば簡単に各金融会社の金利を比較していくことができます。

インターネットには金融会社関連のサイトが多いので金利を比較しやすいサイトを探しましょう。

そして銀行でも消費者金融でもインターネットから申し込める会社が多いので、インターネットで金利比較をしてそのままインターネットから申し込みをすればよいです。

このように自営業の人でも金融会社から借入することはそれほど難しくありません。

ポイントになることはどのような金融会社を選ぶのかということです。申し込み先を選ぶときは上記の説明を参考にして自分でも審査に通ることができる金融会社をうまく探しましょう。

銀行の収入証明なしの融資や消費者金融の中でも地方消費者金融は審査が緩いということを覚えておくとよいです。

極端な話しをすると、無職の人でも借入できる金融会社もあるので、申し込み先選びにおいてそれほど金融会社の審査合格は心配する必要はありません。

【参考ページはこちら】
借入に関するおすすめQ&A

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.