公務員ならキャッシングの借入限度額もたくさんもらえますか?

私は地方公務員として仕事をしております。最初は上京して大企業にも勤めてみたいと考えたのですが、両親もずいぶんと体が弱ってきましたし、本人たちは大丈夫だと言っているけど心配だったので、地元で就職する事にしました。

で、一番安定した仕事がこの公務員だったのです。こんな理由でしたが、公務員という仕事に関してはなかなか満足しています。

やっぱりリストラとかの心配も少ないし、ボーナスもきちんと支給されるのはありがたいです。

しかし普段の月収というのは一般企業と大差ないというか、むしろそこそこもらえている企業には劣る事もあります。

この辺は公務員でもやっぱりランク的なものもあるのですが、私がなったのは比較的簡単な職種だったので…それでも普通に生活はできますが、ちょっと大きめの出費があると困ります。

先日も父が急に倒れてしまい、幸い命には別状無いものの長期の検査入院が必要とされ、その為のお金を払ってあげたら私が使う分のお金がなくなってしまいまして…。

というわけでキャッシング用のカードを作ろうと思います。公務員だとキャッシング審査って有利らしいですが、借入限度額っていうのもたくさんもらえるのでしょうか?

大金が絶対に必要ではありませんが、出来るなら多めにもらえるにこした事は無いと思っているのですが、どうなのですか?

普通よりは有利ですが絶対ではありませんね

公務員という立場にあぐらをかいている人も多く国民の批判を浴びていますが、質問者さんはとても真面目に職務に励み、尚且つ家族も思いやる優しい方みたいですね。

そういう方こそ公務員として頑張ってもらいたいし、応援もしたいと思います。

というわけで、今回のご質問に大してもお答えさせていただきますので、参考にしていただければと思います。

公務員がキャッシング審査で有利というのは、紛れもない事実です。金融業者はキャッシング審査をする上で、その人の仕事がいかに安定しているかを非常に重要視します。

例えば大企業の正社員などなら評価は高く、逆に非正規雇用のアルバイトや派遣社員などだと低くなってしまいます。

公務員というのは大企業に収入こそ劣る事もありますが、安定性という意味では文句ありません。

近年では不況で日本でも名の知れた企業が廃業に追い込まれたりしている中、公務員の評価は高まるばかりです。

ゆえに審査で有利ですが、これはあくまでも『審査に通過するだけなら楽』という感じですね。

大金を借りるのなら実際に先立つものと言える収入もとても大事で、収入に多少のご不満がある現状の場合、予想よりかは小さめの限度額になる可能性もあります。

今までに何らかの融資を使って実績があるのなら問題ありませんが、それが無いのなら最高限度額などあまりにも多めに希望するのは無謀かもしれません。

尚、カードローンというのは大体50万から審査が厳しくなると言われていますので、まずはそれくらいまでで検討されてみてはいかがですか?

【参考ページはこちら】
借入可能な職業とは?

金融会社からの公務員借入限度額はどのくらいなの?

金融会社からお金を借りる場合、職業によってお金の借りやすさは異なります。もっと具体的に言うと、雇用形態によってお金の借りやすさは異なります。

やはり非正規雇用よりも正規雇用の方が毎月の収入が安定しているのでお金を借りやすいです。

金融会社からお金を借りる場合に審査に合格しなければなりませんが、審査の中では自分の年収が重要となってきます。

年収が高いなら簡単に審査に合格できますし、年収が安定しているほど審査に合格しやすいです。

非正規雇用の場合は毎月の収入が一定ではないので、返済能力が低いと判断されます。正規雇用の場合は毎月の収入が一定なので返済能力は高いとされています。
(⇒日雇い労働者でも借入できる?

正規雇用の場合でもいろいろな職業があるわけですが、職業によっても審査の合格率は違いがあります。

お金を借りやすい職業は公務員です。一般的にも公務員という職業のイメージは収入が高い、収入が安定しているというイメージが強いです。

金融会社で審査を受ける場合でも、このイメージ通りの内容でありやはりお金を借りやすいです。このようにして考えると公務員はどのくらいお金を借りることができるのか気になるものです。

金融会社から公務員がどのくらいお金を借りることができるのか、その公務員借入限度額については審査の結果が出るまでわかりません。

公務員といってもいろいろな仕事があります。同じ公務員でも年収は異なるわけであり、年収が高い公務員ほど大きな限度額を持つことができます。

公務員だからと言って絶対に大きな限度額を持てるとは限りません。結局のところは審査における返済能力によって限度額が決まるので自分の稼ぎによって限度額が左右されます。

極端に言うと、公務員よりもほかの職業の人の方が大きな限度額を持てることもあります。

しかしながら、公務員の場合は審査に通りやすいことは間違いないのであまり金融会社の審査に対して不安に感じることはありません。好きな金融会社を選んで融資の申し込みをしてみましょう。

公務員借入限度額を考えるなら総量規制を知っておかなければなりません。

総量規制はどのくらいのお金を借りることができるのか、その規制をしている内容です。総量規制は貸金業者に適用されています。

貸金業者は消費者金融のことです。銀行には総量規制は適用されないので、総量規制はあくまでも消費者金融からお金を借りる場合に考えなければならないものです。

総量規制では年収の3分の1までしかお金を借りることができないとなっているので、自分の年収の3分の1が一つの目安になります。

金融会社を選ぶ時にできるだけ多くの限度額を持ちたいなら銀行を選ぶと良いです。銀行なら総量規制がないので同じ年収でも消費者金融より大きな限度額を持ちやすいです。

これは金融会社からお金を借りる際の一つの基礎知識になります。しっかりと覚えておきましょう。

公務員としてお金を借りる場合に消費者金融と銀行ならどちらの方がお勧めなのか、これを判断するために双方のメリットを知っておきましょう。

消費者金融でも銀行でも双方にいくつかのメリットがあります。しっかりとメリットを知っておけば自分にとって有意義なお金の借方ができます。

消費者金融のメリットは審査に合格しやすいことや、無利息を利用できる会社が多いことです。

審査に関しては消費者金融ならどの会社を選んでも審査に合格しやすいわけではありません。消費者金融の中でも審査に合格しやすい会社は小規模な消費者金融です。

大手の消費者金融は広告などでも見かけることが多く、とても人気が高いですが信用や現在もっている借金によっては審査に合格することが難しい会社です。それに比べて小規模な消費者金融は審査に合格しやすいです。

どうして審査に合格しやすいのか、それは大手の消費者金融に比べると信用に関してや借金に関して寛大な審査をしてくれるからです。

信用が落ちている場合や借金を持っていることから返済能力が低いと判断される人は大手の消費者金融ではなく小規模な消費者金融を選ぶと良いです。そうすれば、審査に合格しやすいのでお金を借りやすいです。

無利息サービスについてはこのサービスを行っている会社もあればそうでない会社もあります。

無利息サービスというのは、一定の期間内において利息が発生しないサービスです。その期間内なら、利息がかからないのでお得にお金を借りるというわけです。

無利息サービスを利用するには少しコツがあります。

無利息はずっと無利息なわけではないので短期的にお金を借りる人に向いているサービスです。

無利息サービスの期間内に借りたお金をすべて返済することができると一切利息を支払わずにお金を借りることができます。

そのため、近々お金を借りるけれどすぐに返済をするという人は無利息サービスを利用できる消費者金融を選ぶ方がメリットが高いです。

長期的にお金を借りる場合、無利息期間が終わると利息が発生するので普通に低金利の金融会社を選ぶ方がお得にお金を借りるケースがあります。

どのくらいの期間を目途にしてお金を返済するのか考えて申し込み先を選ぶようにしましょう。

銀行のメリットはやはり金利が低いことにあります。金利が低いかどうかを考えるとき、どのくらいの限度額を持つのかを考えなければなりません。

小さな金額を借りる場合は他の金融会社からお金を借りるにしても上限の金利が採用されます。

上限金利というのは基本的に18パーセントになっているところが多いので覚えておきましょう。

つまり、その利率以下になっている金融会社を選ぶと金利においてメリットがあることになります。

消費者金融の上限金利は十八パーセントになっている会社が多いので、それに比べると銀行の上限金利はその金利以下になっている会社が多いです。

つまり、小さな限度額を持つなら消費者金融よりも銀行選んで申し込みをする方がよいです。

下限金利については消費者金融でも銀行でも各社によって基本的には低金利になっていますが、下限金利を採用してもらうにはそこそこ大きな限度額を持たなければなりません。

大きな限度額を持つためには返済能力が高くなければなりません。

公務員の場合は年収が高い、あるいは収入が安定している人が多いですが、こうして考えると公務員は大きな限度額を持ちやすい職業です。

もし、大きな限度額を持つなら各社の下限金利に注目しながら申し込み先を探しましょう。

金利をしっかりと比較することでお得にお金を借りることができる会社が見つかります。金利を比較するときは自分が借りたい限度額に対する金利を比較しましょう。

金利は限度額と相関性があります。いくらの限度額に対してどのくらいの金利が適用されるのか、その相関性があるので覚えておきましょう。

下限金利を採用してもらうためには各社の最大極度額を持つ必要があります。

金利を比較するときは適当に各社の金利設定を比較するのではなくしっかりと限度額との相関性を考えて比較しましょう。そうすれば、上手に金利比較をすることができます。

公務員はこのように基本的に収入が安定しているので、お金を借りやすいです。信用情報などに問題がないなら簡単にお金を借りることができます。

好ましい金融会社を探して申し込みをしましょう。申し込み先を選ぶときは上記を参考にして各社のメリットを考えると良いです。

正規雇用の人は公務員と同じようにお金を借りやすいですが、非正規雇用でもお金を借りることができます。

要は年収がポイントでありしっかりと年収があるなら非正規雇用の人でも簡単に金融会社からお金を借りれます。

職業によって、または雇用形態によってお金の借りやすさは変わってきますが、自分でも審査に合格することができる金融会社を探すことが一番大切なポイントです。

しっかりと様々な金融会社の情報を探していくと良いです。各社の情報はネットからリサーチするのが便利です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.