企業の運転資金借入はどうすれば良いと思いますか?

こんにちは、私は企業の代表をしています。企業と言ってもとても小さなWeb系の会社で、実際はそんなに凄くないんですけどね(笑)。

学生時代からみんなで起業しようと話した結果、5人の仲間と一緒に日々仕事に励んでいます。

余ったパソコンとか上手く使って運転資金の節約をしていたのですが、やっぱりずっとそのままといかず…

元々古いパソコンだったので、スペック的にも心もとないし、そもそも動かなくなりそうで怖いです。こうした不安は排除しないといけません。

というわけで、それなりに大規模なパソコンの買い替えを実施します。

一応企業扱いという事で法人向けの導入相談もしたいとは思いますが、やっぱり安い買い物とは言えませんよね…蓄えを使って何とか凌ぐ予定ですが、それでは運転資金に不安も残ります。

というわけで、運転資金を借入にて補いたいと考えていますが、企業の運転資金を借りるにはどんな方法が良いと思いますか?

幸い今までは無借金経営をしてきており、借入に関する知識が乏しいのです。お恥ずかしいですが、こうして質問しないと不安なのです。

今後の会社の行方もかかっておりますので、どうかご協力をお願いいたします。

法人向けやビジネスローンを駆使してみましょう

企業の代表って凄く格好良い響きですよね?。でも実際は多くの経営者の方が自分たちの状況を楽観視しておらず、むしろ大変だと日々頭を悩ませています。

質問者さんもその一人というわけですね。苦労お察しします。

さて、企業の運転資金についてなのですが、これは確かに融資を使う局面はこれから何度も訪れると思います。

今まで無借金経営というのは凄いのですが、規模が大きくなるほど融資というのは身近な存在になります。ゆえに今慣れておくのも有意義と言えるでしょう。

企業の運転資金を借りるなら、まず普通のフリーローンみたいな感じの借入はNGです。

何故かと言いますと、個人向けのフリーローンやカードローンと言った類いは、用途自由であるものの事業用途には対応していないからなのです。残念ですね。

しかし、企業向けの融資というのはきちんとあります。法人向けの融資と銘打っている商品や、ビジネスローンと呼ばれるカードローンがそれに該当していますね。
(⇒自営業で借りられない状況は打破できる?

事業用途にも使える融資と検索すればすぐにヒットするでしょう。普段使っている銀行に相談するのも良いです。

もしくは公庫からお金を借りるというのも良いですが、一つ注意です。企業向けの融資となると、どれも審査がややシビアになっています。

企業向けの融資と言う事で貸出額も多いのですから、当然と言えばそうなりますね。

比較的事業者向けカードローンはわりと簡単と言われていますが、その分限度額と金利面で劣る事もあります。

自分たちに必要な融資の形はどんなものか、しっかりと考えて申込先を決めて下さいね。

運転資金の借入れに最適なノンバンク系のサービスの特徴

事業の運転資金を準備する際には、公的な機関からの資金提供や、銀行の融資、ノンバンク系のビジネスローンの活用など、さまざまな選択肢があります。

この中でもノンバンク系のビジネスローンという金融商品には数多くの種類があり、個々の事業者の方に応じた最適なサービスが選択出来るようになっているのです。

ノンバンク系のビジネスローンは、大手銀行系の融資とは違い、短時間での融資が可能で、電話での申し込みもできるなど、さまざまなメリットがあります。

特に、必要書類の数が少なく郵送での申し込みも可能なために、来店が不要になり 審査に要する期間を短くする事が出来るものとなっています。

そのため、ノンバンク系のサービスの中には、最短で翌日の融資がきるものなどもあり、急を要する場合にも対応してもらう事が出来るので、非常に役立つ事業者向けのローンとなっているのです。

このようなノンバンク系のローンは、個人事業者に特化したものであることから、適用する金利や返済期間など、経営者の方の利用しやすさという点が重視されています。

このような事業者向けのサービスは、仮審査なども受ける事が可能で、予めある程度の融資の可否や、限度額の範囲、適用される金利、返済方法など、数多くの融資条件を把握出来るようになっているので安心して申し込みが出来るものとなっているのです。

特に、事前審査は、ネット経由で受けられ、必要書類の提出も郵送で可能なために、来店が不要になっているサービスも多くあります。

そのため、多忙な経営者の方には最適なサービス申し込みの方法となっており、数日程度で融資が提供される事も多い為に、臨時での運転資金を準備する際には非常に役立つサービスとなっているのです。

このビジネスローンへの申し込みは、連帯保証人が必要な場合や、本人確認ができる書類の提出、登記を証明する登記簿謄本などの提出が基本的なものとなります。

また、サービスの種類に応じて、一定期間の決算書の提出が必要になることもありますので、予め必要書類の種類を把握しておき、迅速に対応出来るようにしておく事で、短期間での運転資金の準備が出来るようになるのです。

このような事業者向けの金融商品を選ぶ際に重要なポイントとしては、個々のビジネスに合わせて、有利な融資条件を提示しているローンを選ぶというポイントです。

最も多くの方が重視しているポイントとして金利がありますが、この利息負担を節約したい場合には、サービスを厳選する必要があります。

金利が低いサービスの傾向としては、融資限度額が大きく、変動金利制を採用しているサービスなどがあります。

これは金利動向に注意が必要なもので、市場の変化に伴い適用される金利負担が変化する為に、個々の借り入れの期間や、現行の利率などを検証し、サービスへ申し込みを行う事が必要になります。

また、事業の運転資金を準備する際に重視される傾向として多いのが返済期間です。

個人事業主の方の場合は、融資を受けてもすぐに返済できないケースがある為に、返済期間を重視してサービスを選ぶ必要があります。
(⇒個人事業主が審査に通れる可能性は?

幾つかのビジネスローンでは、数ヶ月間の金利据え置き期間を設け、負担を低下させて融資を提供しているものもあります。

また、個々の希望に応じ、返済期間を複数の選択肢の中から選べるようになっている金融商品もあり、経営状態にあわせ無理の無い返済が出来るように配慮されているのです。

そして、ノンバンク系のビジネスローンの中には、債務超過などの経営状態にも対応したものがあります。

これは大手銀行では融資が難しくなるケースにも対応したもので、より幅広い状況に対応した柔軟性のある融資です。

事業の債務が超過しているようなケースでは、申込みができるローンにも制限が出てきてしまいます。

そのため、予め赤字でも申込みができるサービスを把握しておく必要があるのです。

このようなビジネスローンは、融資の可否においては決算書だけで融資を決めるのでなく、複数の要素を加味し、総合的な判断が下される事になります。

そのため、現在の経営状況が赤字でも融資の申込みが可能で、運転資金の借入れには最適なサービスとなっているのです。

そして、事業向けの融資を申し込む際には、短時間で融資の可否が知りたいケースが多くなります。

これは臨時で事業資金が不足した場合には重要なポイントで、数日のうちに従業員の給与を支払う必要が出てきた場合や、取引先への支払いの追加、設備投資費の工面など、さまざまな場面で必要になるものです。

そのため、ビジネスローンを選ぶ際には、この融資までの時間が重要な要素となることが多く、できるだけ早く融資が受けられるサービスを見つける事が重要になるのです。

現行のノンバンク系のサービスの中には、必要書類を提出してしまえば、数日程度で融資が実行されるサービスも多くなっています。

また、幾つかのノンバンク系の融資では、即日で融資に対応してくれるサービスもある為に、短期間で事業資金を用立てる必要が出てきた際にも、上手く活用することができます。

通常は、銀行系の融資では本審査で一週間程度の期間が必要で、契約の手続きにも数日程度の日数が必要になります。

そのため、銀行系の融資では最短でも数週間程度の時間を要することになるために、急遽資金が必要になったケースでは、対応できない事も多くあるのです。

しかし、ノンバンク系のサービスならば、最短で即日の融資にも対応してもらう事が出来るために、個々のニーズに合わせた使い方が出来るようになっています。

そして、事業者向けの融資では、融資条件としてこれまでの業績が重視される傾向があります。

これは大手金融機関の提供する融資に典型的なもので、開業して一定の期間が経過していない場合は、融資を断られてしまう事もあるのです。

しかし、ノンバンク系のサービスならば、この業歴を問われることが少なくなり、開業して一定の時間が経過していない場合も融資に対応してもらう事が出来るのです。

そのため、個人事業主の方にとっては、非常に有利な融資条件となっているのです。

個人で事業を運営していく上では、臨時での仕入れや新規の設備投資など、急遽資金を調達しなければならないケースも頻?にあります。

このような臨時での事業資金の調達には、ノンバンク系のサービスが理想的なものとなるのです。

設立間もない個人経営の企業へ、融資を提供してくれる大手の金融機関は少なくなりますが、ノンバンク系の融資ならば個人事業主の方へ積極的に融資を提供してくれる事に加え、連帯保証人が用意できないケースや、担保が提供できない場合にも対応して、素早く融資を提供してくれます。

通常の事業者向けの銀行ローンは、担保が必要なことに加え、審査期間が長く必要になります。

また、必要書類の準備にも時間を要する事になり、素早い資金提供という面では個人事業主の方のニーズを満たせない事も多くあるのです。

また、融資提供の方法も証書貸付など、幾つかの種類があり、使途が限定されてしまったりすることもあります。

そのため、銀行系のビジネスローンは、利用し難いこともあるのです。

しかし、ノンバンク系の融資ならば、審査の基準を低くしていることが多くなり、幾つかのサービスでは銀行融資並みの金利を設定してあることもあるために、非常に有利な融資条件となっています。

また、ノンバンク系のサービスの中には、個々の事業者に応じ、据え置き型の金利を適用してくれるケースもあります。

これは一般的なものとは異なり、据え置きされた期間は、返済は一定の期間後から開始されるために、個々のビジネスに応じて経営状態が安定するまでの間は、返済をする必要もなくなるのです。

個人経営の場合は、新規で事業を立ち上げた際に、資金的な余裕が無い場合が多いために、このような返済方法は非常に役立つものとなります。

【参考ページはこちら】
フリーランスの借入は難しい?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.