申し込みブラックでも借入が出来るようになるにはどうすれば?

八木(仮名)というものです。仕事はルート営業というものをしています。

ルート営業っていうと既存の取引先との仕事ということでやりやすそうに思えますが、それだけで終わるわけがありません。

それにプラスして新規開拓なども狙っていかないといけませんから、結局は普通の営業という事になります。

皆さんも、求人票などでルート営業っていうのを見つけたら、出来るだけ覚悟してから応募すべきです。私の事なんですけどね…。

まあそれでも正規雇用として働ける職場が他には無く、なんとか新規開拓も頑張っているおかげで多少の道は開けそうなのですが、接待が相次いでしまって財布がピンチです…会社が認める条件を満たせばこの代金も支給してくれますが、私は独自の方法とかルートで行っているのでその条件に当てはまらず、だいたい自腹です。

それに後から払ってもらえると言っても先に自分で払わないといけないのですから、どちらに転んでもお金のやりくり大変です。

だから給料日前の厳しい生活に備えてカードローンを作ろうとしたのですが、何度も審査に落ちてムキになって何度も申し込みを繰り返した結果、申し込みブラックと呼ばれる状態になってしまいました。

申し込みブラックという概念を知らなかった私ですが、何度も申し込んで審査に落ちていると申し込むだけで落ちてしまうこのブラックリスト的な状態になってしまうみたいですね。

こんな事なら最初に落ちた時に我慢しておくべきだったかな…。

今は申し込むだけで落ちてしまうからどうしようもないかもしれませんが、申し込みブラックから借り入れができるようになるには、どうすればよろしいでしょうか?アドバイスお願いします。

大体三ヶ月は申し込みを控えると良いと思われます

八木さんお仕事お疲れ様です。求人票と実際の仕事内容が違う…なんていうのは日本だとあるあるですね。

私も一度転職した時、希望した部署とは違い場所に雇用された日に告げられたなんて事がありました。

ルート営業っていうのも、その最たるものかもしれませんね。でもなんとか上手くいっているあたり、八木さんには素質があるのかもしれませんよ。

でも、申し込みブラックになったというのは多少厄介な状態ですね。

ブラックリストというのは返済に遅れた人がなると思われていますが、お金を借りられない状態がブラックだとしたら、その要因というのはたくさんあります。

短期間に申し込みと審査落ちを繰り返すというのも、その一つというわけですね。何度も審査に落ちたという人は、それだけですでに信用出来ないと思われても仕方ないのかもしれません。

この状態から普通に借り入れを出来るようにするには、実際待つしかないとも言われています。

審査落ちしたというのは信用情報機関に記録されて、融資の審査をする時に見る事ができるのですが、申し込みと審査落ちの記録というのは、大体三ヶ月は記録されているとも言われています。

つまり、申し込みブラックも三ヶ月で消えるという事になりますので、その期間待って今度は希望額などを考慮しつつ申し込んではいかがでしょうか?

お急ぎのところ厳しいかもしれませんが、なかなか有効な方法も無いのでご了承ください。

【参考ページはこちら】
ブラックでも借入可能な街金は?

申し込みブラックでも借入可能な方法は意外とあるものです

申し込みブラックというのをご存知でしょうか。

お金を借りる時に、1度に多くの会社に申し込んだため、返済能力を疑問視されて、すべての審査に落ちてしまうことを、いわゆるブラック情報になぞらえてこのように呼びます。

大体、4件以上を1度に申し込むと、この申し込みブラック状態になります。

今個人の借入情報は各社で共有されますので、他に何社に申し込んでいるかが一目でわかるようになっており、あまり多くの会社に申し込んでいると、こんなに借りて返済は大丈夫なのかと思われてしまうわけです。

普通、お金を借りる時は、何らかの事情でお金が必要であるから申し込みをするわけですが、こうなってしまうと、にっちもさっちもいかなくなってしまいます。

しかも、それから半年ほどは、まだ各社に情報が残されているため、申し込んでも同じような結果になります。

では、申し込みブラックでも借入をしたい場合は、どのような方法があるのでしょうか。

この場合は、普通のブラックと同じように考えた方がいいかもしれません。普通に申し込んでも、半年間は通らないわけですから、ブラックでもOKの業者をまず当たってみましょう。

このような業者は、中小の消費者金融に多く見られます。
(⇒借入ができる会社情報を教えて!

大抵の場合は、ブラックがあっても30万円ほどなら貸してくれる所もありますので、まずこういう業者に申し込みをしてみるといいでしょう。

また、大手の業者でも、一部ブラックでも融資をしてくれる会社もあります。とはいっても、もちろん最初から何十万ものお金を貸してくれるわけではありません。

最初は5万円ほどの取引から始まり、その後きちんと利用と返済を繰り返すことによって、段々利用可能な枠を広げてくれるようになりますので、こういう所に申し込んで、地道に返済し、利用実績を積み上げるのもお勧めです。

それ以外には、質屋を利用するという方法もあります。

質屋の場合は担保物件が必要になりますので、たとえば未使用のブランド品のバッグや財布、宝石などを担保にすれば、それ相応のお金を貸してもらえます。

ちなみに質屋の場合は、利息を払うのは月1回で、支払が無い場合も督促は来ず、担保物件がいわゆる質流れの状態になりますので、自分できちんと支払日を管理しておくことが必要になります。

もし収入のある家族がいる場合は、その家族の名義で借り入れることもできます。

たとえば夫婦とも働いていて、夫が申し込みブラックになり、妻の名義でお金を借りるといった具合です。

この場合は、もちろんその家族の信用情報が、審査の対象になります。また、銀行ではそうでもありませんが、消費者金融の場合は、借入に当たってやや難しくなることもあります。

なぜ、家族名義による消費者金融での借入は難しいのでしょうか。それは総量規制があるからです。

この総量規制というのは、2010年に施行された改正貸金業法に、新たに盛り込まれた規定です。

借り過ぎや、それによる債務整理を防ぐために、名義人の年収の、3分の1に当たる金額を借入限度額とするものです。

このため、家族名義で借りる場合は、その名義人の借入限度額がその分少なくなってしまいます。

そのため、消費者金融の場合は、その名義人となる家族の同意が求められます。しかし、場合によっては内緒で借りたいという時もあるでしょう。

そのような時には、消費者金融でも、総量規制対象外の業者がありますので、そこを利用するのがいいでしょう。

また、銀行の場合は貸金業法は適用されず、その代わりに銀行法が適用されますので、総量規制がありません。

ですから、銀行のカードローンなどを利用するのも一つの方法です。

このように見てみると、申し込みブラックでも借入ができる方法というのは意外にあるものです。

この中で、自分に合った方法、これなら無理をせずにできそうだといった方法を選んでみてください。

また、それでも借入ができない場合は、家族に直に頼んでみる、少額ならば、クレジットカードのキャッシング枠を利用する等の方法もあります。

半年間の辛抱ですので、そこは色々工夫してみるといいでしょう。

1つ気を付けたいのは、闇金です。どのような業者なのか、ある程度は知識のある人も多いでしょう。

一言でいえば、違法の貸金業者です。通常は消費者金融の形で融資を行っていますが、違法ですので、法定金利の20パーセントよりもはるかに高い金利をつけて貸付をしますし、返済できない時の取立ても、法律で禁じられている本人宅や職場での督促を平気で行います。

また、今は早朝や深夜の取立ては法律で禁じられていますが、もちろんそれもお構いなしです。

闇金の特徴は特に、お金のない人、ブラックの人を狙ったやり方での集客方法です。

ブラックでも多額の融資をしますとか、今すぐ何百万も借りられますといった謳い文句は、まず闇金と考えて間違いありません。

こういう謳い文句があると、お金が無い場合はつい借りたくなってしまうものすが、違法業者ですので、利用してはいけません。また、闇金の問題点は、金利や取立てだけではないのです。

たとえば闇金の申込の際は、印鑑証明や白紙委任状を準備させます。つまり、白紙委任状に実印を押させ、後で自分たちに好都合なことや数字を書き込んで悪用します。

普通消費者金融での借入であれば、白紙委任状も、もちろん印鑑証明も必要ありません。本人確認と収入証明があれば十分です。

このような書類を持参させる業者は怪しいと思ってください。また、登録番号のない業者、携帯しか連絡先がない業者も要注意です。

闇金から借りたことが分かった場合は、弁護士か司法書士に依頼して、介入通知を出してもらいましょう。

通常介入通知が出された時点で、業者からの督促は止まります。それでも督促が止まらない場合は、止まるまで何度も弁護士や司法書士に掛け合ってください。

また、闇金から借りたお金についてですが、違法業者ですので返済の義務はありません。

今まで審査で落ちたことの無い人、あるいは初めてお金を借りる人が申込ブラックになった場合は、目の前が真っ暗になってしまったような気持になるかもしれません。

でも冷静に考えてみてください。半年間お金を借りることができない、それだけのことです。

別にその後ずっと借りられないわけではありません。本物のブラックが何年間も登録されることを考えれば、まだましといっていいでしょう。

ですから、お金が欲しいと思って闇金に走るようなことはやめて、今の状態で、どうやったらお金を借りることが出来るかを考えてみるといいでしょう。意外と選択肢はあるものです。

また、本当に今お金を借りなければならないのかを、もう一度自問自答してみるのもいいかもしれません。

よく考えれば、何も今買わなくてもいいもの、レンタルで済ませられるものなど、色々他の方法も見えてくるはずです。

また、半年経って再度申し込む場合は、前に申し込んだのとは別の会社に申し込むと、意外とすんなり通ることもありますので、試してみるといいでしょう。もちろん、申し込み件数は3社までにとどめてください。

1社を申し込んで、やはりそれだけでは不安だから、滑り止め的にもう1社、または2社申し込むのはいいのですが、あまりに多くを申し込むのはかえって相手に不信感を植え付けてしまいます。

まず、4社以上に申し込まないことが肝心です。

そして、すべて落ちてしまった場合には、申し込みブラックでも借入ができる方法を探すようすることです。今後お金を借りるに当たって、これは肝に銘じておくべきことです。

そして、審査に通ってお金を借りられた場合は、当然のことですが、期日までにきちんと返済するように心がけてください。

そうでないと、今度は本物のブラックとなってしまい、申し込みブラックよりもはるかに厳しい経験をすることになってしまいます。借りたら返すは鉄則であることを忘れないようにしましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.