アイフルの場合は久しぶりに再借入をするとサービスがある?

アイフルを一度は使っていたけれども、使わなくなったという人は多いと思います。その後でまた使おうと思うときに再借り入れをすると思います。

アイフルも一時期はかなり使っていたと思うんですが、使わなくなってから長いので今どうなっているのかがよくわからないんです。

もし今アイフルで再借入をしたとしたら何かしらのプラスなことがあったりしますか?

いいサービスがあるのであれば、もう一度使いたいと思いますが、もし無いならアイフルじゃないところを使おうかとも考えています。どうぞよろしくお願いします。

アイフルの再借入はキャンペーンの時を選ぼう

アイフルの再借入を使うときには何かのプラスがあるんじゃないかと思うかもしれませんが、そこまでアイフルの再借入にサービスというのは今のところありません。
(⇒アイフルから追加で借入するには?

一応借入金額によってはちょっとは金利サービスをしてくれる可能性もありますが、どういう属性なのかといったところでも大きく変わってくるでしょう。

またもしアイフルを完済していて、そのまま口座を残したままにしているのかそれともアイフルの口座を解約してしまっているのか、その2つによってだいぶ違いがあります。

アイフルの口座を残したままということでの再借入ならば、もともと使っていた時の金利が適用されることもあるでしょう。

金利が法律改正前のものであれば、法律改正後に合わせた金利になるかと思います。

もう一つが完済をして口座を解約している場合には完全な新規としての借入、ということになるかと思います。

ずっと使っている時と違うということで、完済をしていたなら新規口座ということになります。

また一から信用をつけていかないといけませんが、アイフルの場合には新規の人たち向けのキャンペーンなどもあります。キャンペーンで金利がかなり低くなったりゼロになったりします。

これが使えるようになるというのは大きいですから、アイフルを使っても十分使えるもので、良い条件で借り入れをすることができるでしょう。

アイフル以外にも一応はキャンペーンをしているので、一度比較してみて借りるというのがいいかと思います。それでも比較してアイフルはかなり使いやすいのは間違いないと思いますが。

なかなか再借入をするということは無い、というような時代もありましたが、今は右肩上がりに給料も増えていくわけではない時代です。

ですので、右肩上がりにならないのでアイフルなどを再借入をするということは何も悪くはないと思いますよ。

【参考ページはこちら】
アイフルは借入中にまた借入できる?

アイフルのからの再借入ができるかどうかについて

何年か前にアイフルのカードローンでお世話になっていて、いったん解約の手続きをしたのだが、また入り用になってので再借入をできるかどうかについてです。

また、お金を以前利用していた会社から借りたい場合ですがいったん解約をしてしまっていますので、いくらキャッシングカードはそのまま残っていてもATMにそのカードを入れたとして取り扱いできませんと表示がでますので、再度利用するには一から申し込みをする必要があります。

はじめて申込みをしたときと同じ審査となります。そのため以前は50万円の限度額で利用していたから今度もまた50万円借りれると思ってしまいますが、以前利用していた時と現在では状況が違いますので、同じ限度額が利用できるとは限らないのです。

状況が違うとは具体的にどのようなことかというと、何年前に利用していたかにもよりますが、2010年以前に利用していたのであれば法律も変わっています。

2010年6月に貸金業法が改正されましたので年収の3分の1以内しか融資をすることができなくなっています。

2010年以前であれば年収をはるかに超える融資も平気で行っていましたので、現在借りるとしたら限度額はだいぶ低く抑えられてしまいます。

また、以前利用していた時と勤務先が変わっている場合があります。勤務先が変わっていると属性も違えば収入も変わってきますので、限度額は上下します。そして、審査では勤務先への在籍確認があります。

以前と勤務先が変更していないからといって在籍確認は免除されることはなく、いったん解約をしていますので再度電話での在籍確認が必要となります。

また、登録されている内容が以前利用していた時と自宅の住所も変更なく勤務先も変更していなければ登録してあるデータがそのまま利用できますので審査スピードは速いです。

ここまでは、以前利用していた取引が正常に取引していた場合です。

正常に取引をしていたとは、大幅な延滞をしていたことがなく債務整理などをして完済を行っていない、完済するときに支払い原資を親などに頼って代払いで完済をしていないなどです。

では、以前利用をしていたときに正常に取引していな大幅な延滞を何回も繰り返していたり債務整理をして完済をされていた場合ですが、お金を借りたくて申込みをしたとしても融資をすることができず断られてしまいます。

顧客データですが解約したら以前の取引データはすべて個人情報を削除してくれるのではなく、そのままデータは登録されています。返済や融資などの取引をしているのですから、そういったデータは保存されているのです。

また融資を申込みするケースもありますので、前回利用した取引データも参考に審査が行われるのです。

また、アイフルで以前の取引がとくに返済に遅れることもなく問題なく完済して解約していても、再度借り入れ申し込み時に他の金融機関からの借り入れで何か問題を起こしていたり長期的な延滞などがあると、それは信用情報調査のときにすぐに判明してしまいます。

いくら借入理由が旅行やショッピングのためといっていても他社で延滞をしていれば他社の返済に充てるためと予測されてしまいますので、融資は当然のことながら断られてしまいます。

いったん解約をしてから再び借り入れ申し込みをするときの必要書類ですが、これも全く一緒で運転免許証や健康保険証などの本人確認書類が必要となります。

それと、限度額が50万円以上を希望する場合や他社での借入残高の合計が100万円以上になる方は源泉徴収票や給与明細書、確定申告書、納税証明書、所得証明書といった収入の確認できる書類が必要となります。

いれも最新の年度分が必要となります。給与明細書を提出する場合ですが、直近の連続2ヶ月分です。給与明細書には必ず勤務先会社名、支給された年と月、名前が記載されていることです。

連続2ヶ月分ですので現在12月であれば10月と11月が最新分となります。9月11月分は連続2か月ではありませんので、10月分の再度提出が必要になります。

そして、以前利用していた時のキャッシングカードですがそのカードはそのまま使用することはできませんので、再度の借り入れ申込みをして審査に通過しましたら新しいカードに切り替わるのではさみをいえて破棄処分しておきます。

そのまま以前の利用していたカードを保管していて、紛失してしまったそれが悪用されてしまったとしてもそれは紛失した方の責任となります。

また、キャッシングカードは貸与されているものですので利用後は返還が必要となります。審査が通過して融資が可能でしたら契約手続きになります。
(⇒審査が通らない時はどうする?

2010年に利用していた人は法律が変わっていますので、以前は28%近い金利で利用をしていましたが金利はさらに下がって18%の金利で契約ができるようになっています。

10%近く金利が違いますので、金利も依然と比べてだいぶ安くなっています。ここまでは、以前利用していて解約をしてまた必要になったから再度申し込みをした場合のケースです。

しかし、いったん全額完済をしたけれどちょっと期間が空いてまた借りようと思ったらカードが取扱いできなくなっていて融資をしてもらうことができないケースがあります。

この場合完済した時に解約手続きをしていた場合もありますと融資を受けるには再度審査が必要になるのですが、解約手続きをしていないでそのままである場合ですが、債務整理して完済すると、いくら完済をしたとしても再度利用をすることはできないです。

また、債務整理をしていないにもかかわず完済してある程度期間が経過した後にカードをATMに入れたら融資ができなかった場合ですが、完済してから再度利用するまでの期間があまりにも空いてしまったということが考えられます。

アイフルの契約内容では、完済手続きをしてもう利用する意思がないのであれば解約を申し出することで解約手続きができます。

解約手続きは自分から申し出することで解約ができます。

包括契約となっていますので限度額内での返済や融資は繰り返しすることが自由で、一旦完済しても必要になった時は限度額の範囲内であればまた繰り返し利用することができるようになっているのですが、完済した時にまたいつでも利用できるからとっておこうとした場合に、その期間があります。

完済後2年間です。完済後2年以内に利用がない、つまり借入をしないとなるとこれは利用の意思がないとみなしますので自動的に解約となるのです。

契約が解約となってしまったということは、再度借り入れしたいとなった場合には審査が必要になります。

再審査したうえで融資可能かどうかを調べて契約書を交わして融資が再開となります。

完済してからまたいつか利用する場合は、2年間が限度ですのでその点に注意が必要です。

正常な取引で完済をして債務整理をしないといっても過払い金請求も債務整理のひとつではあるのですが、完済してからの過払い金請求は信用情報機関に事故情報として登録がされませんのでブラック扱いではないです。

ブラック扱いではないので融資はしてもらえるかどうかですが、アイフルで完済して過払い金請求をして現金が戻ってきてまたその会社から借りたいとなった場合は融資をしてもらえることはないです。(こちらもご参考に→借入ブラックになると車を没収される?

ブラックではないのですが、心情的にも貸してくれることはないです。

ただし、完済手続きをしてからの過払い金請求は信用情報機関に事故情報として登録はされることがありませんので、他の金融機関であればもちろん融資を検討してもらえることは可能です。

信用情報機関に登録されている情報としても、以前は過払い金請求すると契約見直しという情報が登録されてブラックリスト扱いであったのですが信用情報機関の規約が変更になり過払い金請求は正当な権利ですので、情報は登録されなくなっていますので融資検討可能です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.