借入できる年齢は幾つぐらいなのですか?

カードローンを使いたいと思っている、57歳の男です。先日怪我をしてしまい、その治療のため、会社で短時間勤務となってしまい、給料も2割ほどダウンしてしまいました。

カードローンの申し込みに年齢制限があると思うのですが、何歳から何歳まで契約が出来るのでしょうか?

会社によって異なるけども、20歳からというのは大体一緒よ

何故20歳以上となっているかって言うと、未成年との契約は親権者によって、強制的に破棄することが可能となっているからよ。

親と契約に同意するという手続きを経ないといけないわけ。親に保証人になってもらう形になるわ。

そんな面倒な手続きを、20歳以上ならば回避することが出来るんだから、当然のことだと言えるわね。

中には、18歳以上でお金を貸してくれる所も存在するけれども、未成年だと、学生であることが多いわよね。だということは、就職はしていないという事になるわね。

就職をしていないという事は、収入が安定していないという事になるわね。

18歳以上にお金を貸してくれる所であっても、第一条件は、就職して、安定した収入があることが挙げられているというわ。

カードローンというのは、お金を借りるという事よね。お金は借りたら返さないといけないわ。

返す時には金利が付くので、毎月どころか毎日、少しずつ返済すべき合計の金額は増えていくわ。その増加分を上回り、さらにプラスαで返済をしないといけないわよね。

というわけで、毎月安定した収入があることが、第一の条件になるわね。働いていると言っても、働き出して大して日が経っていないという場合も、収入が安定していないと思われて、敬遠される傾向にあるわね。

例えば、某消費者金融では、70歳までという年齢制限があるけれども、実際には定年間近の60歳代の人に対する審査は厳しいものになっているというわ。

大手のカードローン会社だと、殆どが60歳代までという年齢制限が付いているわ。

すでに契約をしていたとしても、年齢制限をオーバーした時には追加の融資が打ち切られてしまう事がほとんどよ。

年金受給者の場合、年金収入のみで借入が出来るのかどうかは、ホームページを穴が開くほど細かく見ても、記載されていないことが多いわ。

そのような場合は、カードローン会社に電話して確認をするのがおススメよ。

それでも、殆どの会社では、70歳を超えた年齢では、カードローンを組ませてくれないわ。

70歳を超えても、ローンに頼りたいという場合、一部の地方銀行で提供しているカードローンに頼れるかもしれないわ。

【参考ページはこちら】
借入が家族にバレたらどうしよう!

借入ができる年齢が幅広いのはプロミスとレイクです

年末年始をはじめとして、出費がかかってしまう季節はあるものだと言えるでしょう。

必要な出費があるにも関わらず、手持ちの資金が不足しているときには、消費者金融業者が行っているキャッシングなどのサービスを利用すると便利です。

消費者金融のキャッシングではサービスとして利便性が向上していると言えますし、借り入れしやすい会社が増加していますので、急に必要になった経費についても対応してくれるところが多いので必要なときにすぐに資金を用意することが可能となります。

消費者金融業者は数多くありますので、どこの会社から融資を受けることが最も良いと考えられるのか迷うものですが、それぞれの金融業者ごとに借入ができる年齢というものが設定されています。

つまり、消費者金融業者のキャッシングでは、利用可能な借入ができる年齢の範囲内の人しか融資を受けることはできませんので、申し込みをする前に自分の年齢で借り入れが可能なのかどうか前もって確認しておく必要があると言えるでしょう。

融資が受けられる基準としての年齢の範囲内の人でなければ借り入れができない条件となっていますので、借り入れをするときには融資が受けられる年齢の基準が広い消費者金融業者を選択することで、広い世代の人が借り入れできるということでおすすめの金融業者となります。

プロミスは大手銀行の子会社として融資事業を行っている会社で、借入できる年齢が広いことで高い人気を誇っています。

プロミスの利用条件は、年齢が20歳以上から69歳までの一定の定期的な収入を得ている人となっており、職業や年収は関係なく融資を受けることが可能です。

プロミスの審査では職業形態が問われることはないことになっていますので、学生や主婦、アルバイトなどの人がキャッシングを利用できます。
(⇒主婦の人が借入する時のおすすめ情報

プロミスの特徴としては、PCやスマートフォンなどを使える環境にある人であれば、キャッシングの申し込みや借り入れの契約など全ての手続きにおいて、ホームページ上で手続きが行える点を挙げることができます。

貸金業法には総量規制というルールがあり、複数の金融業者から借り入れを行っているときの合計金額が年収の3分の1を超えた場合には、それ以上の新規の借り入れができないことになっていますので、キャッシングを利用するときには注意して申し込みをしなければなりません。

プロミスでは年収が高い人であっても毎月の収入として安定していない人よりも、年収が低くても毎月において一定金額の給与所得を得ている人のほうが信頼性が高くなって、借り入れがしやすいと言われています。

借入できる年齢層の広いキャッシング会社としては、新生銀行系列のレイクもあります。
レイクでは年齢が満20歳以上から70歳以下の収入を一定程度得ている人であれば、借入れができるキャッシングとなっています。

職業についても幅広い人に融資が行われていると言えますので、アルバイトや自営業者、学生や永住権を持っている外国人、年金生活をしている人も利用可能です。

レイクでは利用条件を満たすことによって、初めて利用する人の場合には無利息サービスが行われています。

無利息サービスを適用されたケースにおいても、ホームページ上の返済シミュレーションを活用することが可能ですので、無利息期間を使った場合の借入れ金額についても確認することができます。

レイクのキャッシングでは即日融資に対応してくれる特徴がありますので、急いでいる人の場合には自動契約機などに直接行って借り入れの契約をすることでカード発行までを40分ほどの時間で完了できます。

カードを受け取ることでATMを使って借り入れが可能となりますので、非常にすばやくキャッシングを利用できて便利です。

レイクでは女性のためのサービスとして、レディースレイクというものも行われていて、必ず女性のスタッフがキャッシングの相談に乗ってくれる形となっていますので、女性の方でも安心して申し込みができるようになっています。

新生銀行が運営しているキャッシングサービスということで、銀行法に基づいて行われている融資となるので、総量規制の適用を受けないために年収3分の1を超える金額であっても融資を受けることが可能です。

そのために複数の金融業者からすでに借り入れを行っているときには、おまとめローンとして活用するために借り入れることや、金利の高い金融業者から借り換え目的で借り入れることもおすすめと言えます。

レイクでははじめての利用の際には借り入れ可能な限度額は100万円以下の場合が多いと言えますが、支払い期日を守って継続的に利用していくことで増額の申請が可能になります。

キャッシングの増額については、レイクのATMを使って申請する方法やフリーダイヤルに問い合わせる方法、ホームページの会員ページにログインして申し込み方法を使って行うことができます。

レイクでは携帯電話を使用した申し込み方法あって、オンライン審査またはオペレーター審査を受けることができます。

携帯電話のオペレーター審査では、必要最低限の項目についてホームページで先に入力を済ませておいてから、続きを電話で手続きを進める方法を選択することも可能です。

携帯電話の操作でたくさんの情報を入力するのは大変と言えますので、オペレーター審査を活用すると便利です。

オペレーターの質問に答えることで、すぐに審査の結果を知ることができて便利ですが、審査の時間としては午前9時から午後9時までの時間帯と決まっていますので、この時間のうちに申し込みをするようにしましょう。

レイクのキャッシングでは郵送以外の申し込み方法を行った場合には、すべて即日融資に対応してくれます。

自動契約機で申し込みをしたときには審査結果について画面上に表示してくれますし、電話を使って申し込みをしたときは口頭で教えてもらえます。

振り込みキャッシングを利用するときには、ホームページにログインを行って会員メニューのうちから即日振り込みを選択して依頼を行います。

申し込み自体については24時間対応となっていますが、申し込みを行った当日中に融資を受けることを希望しているときには、平日の14時45分までに全ての手続きについて完了させておく必要があります。

振り込み先の口座としては、本人名義のものであれば金融機関の指定は行われていませんので、どこの銀行の口座も使うことができます。

レイクの嬉しいサービスとしては、自社のATMにくわえて、提携先のATMを使ったときも手数料が無料になる点を挙げられます。

レイクのATMは年中無休で使用可能ですが、営業時間としては平日と土曜日は7時30分から0時まで、日曜日と祝日は7時30分から22時までです。

提携先としては新生銀行やイーネットATM、ローソンATM、セブン銀行のATMが使えます。

レイクでは返済の期日を任意で指定することが可能となっていて、返済日までに支払いが難しそうだと感じたときには、会員ページから返済の予定日について変更することができます。

返済期日はどのくらいの期間のばすことが可能なのかは、利用の状況によって変わってきます。

返済ではPay-easyが利用可能となっていますので、インターネット上で365日いつでも手数料無料で支払いの手続きが行えます。

会員ページからWeb返済サービスを選択することで、返済したい金額の入力を行って金融機関を選ぶことで振り込み手続きができます。

Pay-easyを活用することで自宅や外出先にいながら、いつでも支払うことができるので大変便利と言えます。

Web返済や銀行振り込みの支払い方法を選択したときには、追加返済や一括返済の支払いも選べるようになっていますので、元本を早めに減らして利息分の支払いについて節約することで、少ない返済金額でキャッシングを利用できてお得です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.