19歳の会社員でも借入は使えないのでしょうか…

どうも、僕は19歳で食品会社の営業をしています。

高校卒業前には大学進学も考えたのですけども、近くには良い大学は無いし、早くお金を稼ぎたかったし、そもそも家に大学に行かしてもらえるほどの余裕が無い事も知っていたので、就職を選びました。

奨学金だと就職後の返済がものすごく大変だと聞きましたし、そもそも大学に進学したクラスメイトの多くは遊びほうけている姿を見ていると、今の選択にあまり後悔はありません。

一足先に一人前になったような優越感すらあります。

ただ、自分的には一人前であっても、社会はそうは認めてくれません。

19歳だとどうしても未成年という縛りがある為に、働ける時間とかに制限があったりしますし、営業なのにお酒の付き合いが出来ないせいで接待とかは任せてもらえません。

自分的には業績も結構出している感じはしますし早く出世したいのですが、年齢の壁は予想以上に大きいです…今回、融資を受けたいと思っていてもそれがひしひしと感じられます。

有名どころの銀行や消費者金融って、必ずと言って良いほど成人している事が申し込み条件なんですよね…私はもう学生じゃないから収入だってありますし、欲しい物の為に借入だって使いたいです。

だけど、年齢でどうしても使える融資が見つかりません。19歳でも会社員なのに、借入は使えないままなのでしょうか?

未成年だと責任能力の都合で融資は受けられません

19歳にて営業ですが…凄くたくましい感じがします。

営業っていうのは好き好まれてやる仕事とはなかなか思われず、そんな中若くして業績を出している質問者さんは、私的にも本当に一人前だと思います。

大学生のみんながそうだとは言いませんが、今の大学生で遊び呆けている人が多いのも事実と考えると、確かに一足先に立派になっていると言っても間違いないでしょう。

借入の基本としては、収入がある事に尽きます。収入という先立つ物が確保されていない人というのは、お金を返す事が出来ないと判断されても反論は一切できません。

親などからもらったお金を返済に充てるなんていうのも全く認められず、そう考えると収入がある=仕事をしている事が融資の利用条件だと思われそうですよね。

だけども、融資ではもう一つ大事な要素があります。それは『自分自身に責任能力があるか』という事ですね。

この責任能力というのは、仮に何か問題を起こした場合に自分で責任が取れるか否か…という事です。

融資で言えば、返済が滞った場合の話を指す事が多いですね。基本的に融資は借りる人との一対一なので、本人に責任能力が無いと後々ややこしいことになってしまうのです。

未成年の場合、どうしても責任というのは親に発生してしまいますので、19歳に融資してしまって後から親が反対でもしてしまえば、そのお金を取り立てる事も面倒になります。

そうした事の回避の為にも、融資では未成年というのは原則として貸し付けない事になっています。

質問者さんならもうご自身の判断で何でも出来ると思うのですが、日本の法律には逆らえないのです。

どうしてもというのなら、親に借りてもらって質問者さんが返すみたいな格好で代用できなくもないですが、それだとやっぱり落ち着かないと思われますので、二十歳まで待つのが一番無難ですね。

【参考ページはこちら】
借入年齢制限は業者に交渉すればどうにかなる?

19歳でも借入が出来る消費者金融があります!

今の日本は円安や消費税の増税、物価の高騰、ガソリン代の値上げなど色々な経済的に厳しい状況が行っています。

一時は、日本の景気は少し上向きになりました。

しかし、一般家庭に普及するまでに至りませんでした。

その後、消費税の増税や円安による物価の高騰の影響が徐々に現れ始め、日本の一般家庭に悪い意味での影響を及ぼしているのです。

特に野菜や小麦などの食料品や衣料品など日常生活に直接影響のある物の相次ぐ値上げは、日本の一般家庭に大変大きな影響を与えています。

これらの値上げは今後も続くものと予想されます。

一番経済的ダメージを受けているのは、日本の一般家庭です。

今の日本は、裕福な家庭は更に裕福になり、貧困家庭は更に貧困になってしまうシステムとなっているのです。

今後の見通しも決して良いものではありません。

消費税の更なる増税は、延期されたものの景気が良くなる訳ではわりません。

厳しい日本の一般家庭を更に経済的に追い詰めているのが、子供に係る教育費と言われています。

子供の教育費は、今家庭に大半を占めています。

学校に係るお金以上に塾や習い事に係る費用は莫大な金額になります。

義務教育中は、学校に係るお金は差ほどかからないそうです。

しかし、その他の習い事などが大変負担になると言われています。

学校で行う部活動を行っている子供は、ユニフォーム代や遠征費などの出費は大きいそうです。

特にスポーツなど部活動の強い学校などは、その分負担金もかなりの金額になる様です。

そして、更に家庭の経済状況に打撃を与えているのが、習い事です。

水泳やバレエ、野球などスポーツの習い事から、絵画教室や英会話教室など文科系の習い事、そして塾に通う子供が多いのです。

今の子供は大変忙しく、学校から帰宅後は習い事でびっしり予定が詰まっているのです。

やはり周りの子供たちが習い事をしていると親も子供も行かなくてはならない義務感にかられる様です。

これらの習い事への費用が大変大きいのです。

そして、更に子供の大学などへの進学に係る費用が莫大だそうです。

大学に進学すると大学での入学金や授業料で、1,000万円~3,000万円かかると言われています。

そこに更に子供の一人暮らしに係る生活費が加算されるのです。

4年大学に通えば、4年間の生活費が圧し掛かります。

子供が自宅から通ってくれれば、それらの生活費はかかりませんが、希望の大学に近くにあるとは限らないのです。

ですから、大学進学を機に一人暮らしをするお子さんは非常に多いのです。

4年間にかかるお金は、かなりの金額になるでしょう。

そこで、大学に通うお子さんが家族に迷惑をかけない様にアルバイトで生活費を稼いだり、大学を奨学金で通ったりする方も多いです。

親が借りる教育ローンも勿論ありますが、子供が借りる事が出来る奨学金もあるのです。

親が教育ローンを利用すると支払いは借入れした翌月から返済が発生します。

しかし、子供が奨学金を利用した場合は、子供が大学を卒業し、実際に働きだしてからの返済となります。

子供にとっては、卒業後の負担が大きいですが、家の経済状況が厳しい場合には大変助かる制度です。

今の日本は、裕福層が増加しているのと同時に確実に貧困層も増加しています。

ですから、大学に進学したくても出来ない子供も数多くいるのです。

そんな経済的理由から大学に進学できない子供を救う制度が奨学金や教育ローンなのです。

しかし、これらの救済してくれる制度は、大学に係る費用のみです。

その他に日々生活する生活費が必要となります。

そのお金はアルバイトで稼ぐ大学生は多いです。

大学に進学し、生活して行くには色々とお金がかかります。

生活費の他に友人との付き合いもあるでしょう。

お金が無いからと言って、全く友人との付き合いと拒絶してしまうのは大変残念です。

社会に出て時に人脈は大事な財産になる事が多いのです。

多くの友人と出会える機会は、社会人になるとあまりありません。

学生の頃が、その出会いの大事な時期なのです。

ですから、お金が無いからと言って友人との付き合いをしない事はおススメしません。

アルバイトをしているとアルバイト先でも出会いは広がります。

ですから、多少無理しても友人との付き合いや出会いは大事にしましょう。

ただし、何でも付き合って良い訳ではありません。

自分にとって意味のある友人との付き合いに搾りましょう。

ただ楽しみだけと追求した付き合いはおススメしません。

お金が無い中での付き合いは厳選すべきでしょう。

自分の力で生活している学生さんは、生活も質素な節約生活を送っていると思います。

ですから、自分にとって有意義な時間とお金の使い方をする事が大変重要なのです。

投資すべき点は、少し厳しくても投資すべきです。

ですから、万が一どうしてもお金が無いけど投資したい時はキャッシングを利用しましょう。

キャッシングは、学生や主婦でも借入する事が出来ます。(こちらもご参考に→学生が借入するためには?

アルバイトやパートで一定の収入を得ている方は、審査に通る事があるのです。

また、多くの消費者金融では、二十歳以上と借入の条件を設けているところもありますが、中には条件付きで19歳でも借入が可能な消費者金融もあるのです。

キャッシングは、低金利なので返済も安心です。

そして、何と言っても審査に通ると即日借入れが出来るのです。

これは最大のメリットでしょう。

お金が必要な時は、急を要する事が多いです。

ですから、申込みから審査、お金の借りるまでも時間が短い程嬉しいのです。

学生や主婦は、高額なお金の借り入れは無理ですが、5万円や3万円などの少額から借りる事が出来るので、大変便利なのです。

少額な金額でしたら、審査も簡単です。

今は、自宅にいながらパソコンなどインターネットから申込み出来るのです。

ですから、突然お金が足りなくなっても、家から直ぐに申し込みが出来るのです。

大変便利な時代になりました。

19歳と言っても色々な方がいます。

学生さんや結婚している方、母子家庭で貧困であるなど様々です。

家庭の事情も色々でしょう。

ですから、どうしてもお金が足りない時もあるのです。

アルバイトの給料が入るまで、お金が足りない!母親が倒れて入院費が無い!など切羽詰った状態になる事も十分に考えられます。

また、早くに結婚し、子供が出来た場合もお金がかかるでしょう。

19歳では給料も少ないです。

世の中には、色々な19歳がいるのです。

そんな19歳が本当に困った時には、キャッシングを利用して下さい。

お金が無い為に入院出来ずに病気や怪我が悪化すると益々お金がかかる事態になる場合もあります。

その一方で、ギャンブルや買い物にのめり込み借金をする方もいます。

ギャンブルや買い物をする為にキャッシングで借金をするのは絶対ダメです。

若い内から、ギャンブルや買い物などの快楽のみを求めた借金は絶対にしてはいけません。

今は複雑な世の中です。

最近は何と子供のギャンブル依存症が急増してるとの報告もされています。

精神的なストレスなどでギャンブルや買い物にのめる込んでいると感じたら、両親や友人、医師に必ず相談しましょう。

相談する相手がいない場合は、公的な相談出来る機関もあります。

良いアドバイスをしてくれますので、相談する事をおススメします。

キャッシングは簡単に出来ます。

しかし、キャッシングを利用する理由が重要なのです。

緊急時など必然性を感じるのであれば、キャッシングは利用しましょう。

しかし、緊急性や必然性が全く無い借金は決してしてはいけません。

若い内から借金する事はクセになってしまいます。

キャッシングは簡単に借りられる分、日常的な利用してしまう危険性も孕んでいるからです。

本当にキャッシングを利用すべきかどうか自分で判断し、利用しましょう。

間違っても、闇金などからの借金してはいけません。

キャッシングする際には消費者金融を十分に調べてから、利用しましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.