120万しか年収がなくてもどこかで借入というのはできるもの?

私ではないですが、もしかしたらそのくらいになるかも…というような人がいるのでちょっと聞いてみたいんです。

例えばですが年収が120万円くらいの人でも借入というのはできるのでしょうか。

いろいろな消費者金融とかクレジットカードとかがあると思うので、それらを使えばできるのかな?と思うのです。

実際、このくらいの金額で生活をしている人というのはほとんどいないとは思うのですが、それでも、消費者金融とかキャッシング業者で借入をすることができるのかどうかを知りたいです。

キャッシング自体は可能、地方にはかなり多くいる

東京は大都市ですから、そこで住んでいたら年収120万円なんて生活できないでしょうね。

大阪や名古屋、横浜なんかもそうだと思いますけれども、年収120万円というのは別に借入をする人の中では珍しい金額ではありません。

以外にそのくらいしか稼いでいないけれども借入をしたいという人は多いものです。

特にこういった人たちは地方に多くいるもので、地方は都会に比べてかなり給料や収入が少ないのです。

例えば沖縄や高知県といったところはかなり収入が少ないことで有名なのですが、こういうところでは平均して年収300万円も稼いでいる人のほうが少ないくらいです。ですから年収120万円でやりくりしている人も少なくありません。
(⇒借り入れをするための年収について

このくらいの金額があればどちらかと言うと消費者金融も貸出をするくらいですし、銀行系カードローンも少額であれば貸出をする可能性は高いでしょう。

ただ、年収が低いというのは問題も出てきます。それは借入金額を多く設定できないということです。

例えば消費者金融であれば総量規制というのがありますから、年収の3分の1までしか借り入れをすることが出来ません。

ということは120万円しか無いということは40万円しか借り入れをすることが出来ないということです。

もっと借りたいなら銀行系カードローンですが、それでもさほど変わらないでしょう。

100万円単位で借入をしたいという時には年収を上げるしか無いかと思います。

地方で住んでいる時には以外に東京などの都市部で済むよりも、かなり安くでいい生活ができるので基本的には120万円くらいあればそこそこ食べて行けたりするものです。

ですので絶対額というのはあまり消費者金融や銀行系カードローンを使うときに考え過ぎないほうがいいかもしれません。

生活費などもそうですが、相対的なものですから。

どこに住んでどういう費用がかかるか、そこを考えた上で120万で借入をするのがおかしいかどうかを考えてみると正しい答えに行き着くかもしれません。

【参考ページはこちら】
借入金額は年収で決まるの?

120万の借入を即日でしてくれるローンやキャッシングについて

銀行系の個人向けローンでは、即日で120万円の融資をしてもらえるものもあるといいます。

ですが、もともと銀行の借入は審査が厳しいことで有名ですが、キャッシングができるものには即日利用できるものもあるということなのです。

即日振込みサービスをするためにはその銀行の口座がなければ利用ができない場合もあります。なので、しっかりと確認をすることが大切なのです。

最近流行っている即日キャッシングというのは、とても便利なのに簡単に借入をすることができるようになるのが特徴です。

必要なときにすぐに使えるお金を借りることができる、というのはとても助かります。

ですが、すぐに必要だからといってどこでもいいという風に考えるのはよくないです。金利のことや審査基準のことなど、他の要素も見比べて選ぶことが大事なのです。

即日振込をしてもらえる業者を選ぶ場合は、きちんとポイントがあるといいます。そのことをまずは参考にしてあらかじめいくつか見つけておくといいかもしれないです。

ポイントのいくつかを書くと、たとえば、即日融資可能な時間帯、事前審査について、金利がどのくらいなのか、無利息期間はどのくらいの期間なのか、などです。

また、すぐに利用できるように、ケータイなどからの申込みができるかどうかも必要になることもあります。

とくに、確実に申し込んだ当日中に振り込んでもらえるのか、ということをよく確認しておくことです。

何時から何時までなら申し込みや振込みが可能なのか、と明記しているところと、そうでないところがあるということです。

即日で振込ができるという時間の締め切りは意外と早い場合もあります。締め切りの時間がきちんとわかるようにしているところを選ぶことです。

気をつけなければいけないことは、即日振込も可能、と書いてある場合です。

この書き方は向こうの都合次第では翌日になる可能性もあるということなのです。振り込みできる時間の締め切りが書いていない場合は要注意です。

借り入れするのは即日できるけど、審査が終了するのに2日かかる、というところや、審査は即日終了だけど融資することができるのは3日後になる、というところもあるのです。

また、先にも書いたように、金利はとても大切なことです。

忘れがちですが、キャッシングとはいわば借金のことなのです。なので当然金利もついてくる、ということになります。

どんなに急いでいるときでだっても、金利のことはしっかりと確認することです。

銀行のカードローンもしくは信販系のキャッシングである、そして即日振込が可能なところであれば、金利が比較的低いところも多くあります。

最近は即日に融資可能なところもあるので、審査に時間がかかる、ということで心配する必要はないということです。

本当に銀行で融資をお願いする場合は即日お金を貸してくれるなんてほぼないといえます。信用調査を行い、保証人の確保をして、手続きも面倒だったりするのです。

ですが、これかが利用できるためには条件が必要な場合がほとんどです。

先ほども少し書きましたが、その銀行に口座を開いている、ということが絶対の条件になっているところが多いということです。

短期間で返せる場合なら、無利息期間がある金融業者のキャッシングを利用するのが絶対にお得になります。

30日間無利息というところや、期間は一週間だけだけれど、何度でも無利息期間を利用することができる、というところもあるといいます。

きちんと計画性をもって利用することができる、給料日前で少しだけお金が足りない、という場合など、すぐに返済ができるという人にはこの期間を利用することがとても便利になっているということです。

どんな金融業者や金融会社でも審査に受からないとお金を借りることはできないものです。

ときどき、審査がなくても即日キャッシングできる、というところもあるといいますが、それはほとんどがやみ金というものなので、絶対に係わり合いにならないようにしておくことです。

申し込んで、審査で待たされて落ちてまた探して審査を受けて、というのはとても時間がかかるし、面倒です。

なので、そのようなときにはお試しの審査ができるところを利用してみるという人が多いといいます。

お試し審査というのは、本当の審査をしない状態で、融資が可能かどうかということを短時間で審査してくれる、という便利なツールなのだということです。

自動審査なので、数秒で回答が得られて、すぐに結果がわかります。

事前審査では結果がわかった画面からそのまま申込みができるというとこころがほとんどだということです。なので、入力した情報をもう一度書き込む必要がないのも助かります。

ときどき、審査が甘くて、金利が低い金融業者がないか、と探している人がいますが、審査が厳しいということはその分信用できる、ということになるのです。

法律である貸金業法で定められた総量規制の貸し出し枠というのは、年収の3分の1までです。そのぎりぎりいっぱいまで貸し出しをしようとするところもないといえます。

法律というと、法律が改定されたので消費者金融ではどこで借りたとしても金利は同じだという人もいます。

ですが、それは大きな間違いです。100万円未満の借入での利用時には、18パーセントの金利を適用します。

ですが、その業者によって金利は少しずつ違っていることが多いといいます、ということです。

つまり簡単にいうと、金利の低い業者も存在しているというだけのものなのです。

金利は18パーセントが上限だというのは本当のことです。

なので、もしこの上限以上の金利をあげて借入をするようなところはヤミ金か違法な金融業者になるので、借りるのはやけておくことです。

ATMを利用するときにかかる手数料の事を隠れ金利という人もいます。

利用するたびにかかる手数料は、繰り返し利用していると少しずつ重なって合計するといつの間にか大きな金額になっていた、という場合もあるといいます。

なので、そのような場合は、振込融資を利用すればいいのです。

即日キャッシングではATMを利用するものが多いのですが、ATMで手数料が無料の銀行口座に希望する金額を振り込んでもらえばいいのです。

振込みなら手数料もかからないので安心です。提携しているATMや振込融資を無料で利用できる業者を選択しておくと便利です。

金利が気になるのなら金利の低いところを選べばいい、と簡単に考えるのはあまりよくないことだといえます。

はっきりいうと、金利が低ければ、絶対に返済額も少なくても済むということはないのです。

毎月の返済額を少なめに返す計画をたてて、金利の低いところで借入をしたとします。

これだと返済額も少なくてすむし、金利も低いしで得な感じがしますが、金利が低ければ、その分返済する期間が長くなってしまい、返済総額が高くなるのです。

元金に対する利子の割合、簡単にいえば利率は、単純に返済額を計算する基準にはなることはない、ということなのです。

返済し終わったときの金額の合計をとるか、返済する過程での金額の少なさをとるかということです。

先にも書いたように、キャッシングや融資は借金です。

借りているお金だ、という感覚が薄いままに日常をおくっていると、いつの間にか返済する日に返すべきお金の存在を忘れていたり、利息のことを失念していたりする場合もあるといいます。

なので、きちんとあらかじめ返済する計画をたてておくことが大切です。

返済額の合計と利息、そして上手に利用すればとてもお得に借りることができる無利息期間やキャンペーンをしている会社などを探して、前もってもしもという場合に備えておくというのもいいということです。

銀行、消費者金融、どちらもキャッシングや融資はしてくれますが、どこが自分に向いているのかを考えて、あわてて失敗しないようにしておくことです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.