借入の在籍確認って日雇い労働者ではできないですよね…?

36歳にもなって、未だに日雇い労働者としてか仕事をしていません。

大学を卒業してからそこそこ大きな会社に入社できたのは良かったものの、派閥争いに巻き込まれて胃潰瘍になり、そのまま体を弱くして仕事を辞める事になりました…その後は非正規の仕事以外してません。

おかげで年中無休で貧乏です。名前は一郎(仮名)という事にして下さい。

恥ずかしくて仮名じゃないと相談もできません…こんな生活をしているとお金が足りなくなるのは良くある話で、今はどこからお金を借りられるのか必死で考えています。

それで色々見てみたら、借入を受ける為には在籍確認が必要らしいですよね?

在籍確認というのは会社に連絡してきてきちんと仕事をしているかチェックするものらしいですが、私は日雇いでその日どこに居るかなんて分からないのですが…。

こうなってくると、日雇いでは在籍確認なんて土台無理な話なのでしょうか?在籍確認をクリアできないと融資を受ける事は出来ないってみんな言っていますし、私にはお金を借りる事なんて出来ないのですか?そうなると困りますけど、どうしようもないですね…。

在籍確認は、日雇い労働者ではできませんか?何とかしてお金を借りれたら、絶対に返せるように努力しますから、どうか教えて下さい。

日雇いの場合は派遣元と相談すると良いでしょう

一郎さん、お仕事大変そうですね。でも日雇いでもきちんと生活されているという事は、現場は違うとはいえ安定してお仕事が入ってきているという事なので、信頼されているのだと思います。その点は凄いと思いますよ。

とは言え、日雇い労働者は安定しないのが常ですし、給与が少なくなりやすい上に融資審査にて信頼を得にくいという問題点があります。

融資審査では正社員は公務員が有利であるように、安定した仕事であるというのはとても大事です。

非正規雇用でもアルバイトやパートなら在籍確認もしやすい為に、そこまでお金を借りるのは難しくありません。

しかし派遣社員や日雇い労働者ともなると、現場がちょくちょく変わる事もあってなかなか在籍確認が難しいと思い悩む事もあるでしょう。

ですが、日雇い労働者でも在籍確認に応じる方法は無いわけではありません。日雇い労働者というのは、そもそも派遣元の会社があって成立する仕事である場合が多いです。

つまりは所属としては派遣元となる為、勤め先に派遣元を記入する事もできます。

その場合、派遣元に在籍確認が向かう事になりますので、事前に派遣元に相談をしておけば、比較的難なく応じてもらう事も出来るでしょう。

融資を受ける事を相談するのは気乗りしないと思いますが、状況が状況なので我慢すべきでしょう。

在籍確認までありつけるかどうかも日雇い労働者では心配ではありますが、これでお悩みが解決しましたら幸いです。

【参考ページはこちら】
日雇い労働者でもすぐ借入できる?

借入審査で在籍確認ができない日雇い労働者はどうすればよいのか

私たちの暮らす日常生活はいつも度重なる出費に満ちています。

日々の生活費に始まり、自宅の家賃やローンの支払い、保険料、税金、医療費、交遊費など事あるごとにお金はどんどん支出されていき、気がつけば財布の中身や銀行の預金口座もすっかり空になってしまっていることも少なくありません。

また、結婚、出産とライフステージが上がるに連れて、人の生活は変化を余儀なくされていくもの。

これまでは自分一人が生きていく分だけのお金を携えていれば良かったのが、これからは家族の分までしっかりと過不足無く養わなければならなくなっていくわけですから、お金の不足は絶対あってはならないことと言えるでしょう。

しかし人はそれぞれに事情を抱えて生きています。中にはどうしてもお金が不足してしまい、救いの手を求めている人も少なくありません。

たとえば会社勤めなどではなく、日雇い仕事で働いている人などもその中に含まれるのではないでしょうか。

このところ、時代は正規雇用という枠組みから離れ、企業側が非正規雇用や日雇い労働者を使ってなんとか労働力を確保しようと必死になる流れとなってきています。

そんな中で急増するこれらの勤務形態に従事する人が万が一にもお金の必要性に迫られた時、消費者金融の借入サービスを活用すれば迅速かつ簡単に不足金を補うことが可能となります。

こういった借入サービスには様々な手法がありますが、人気の高いものとしてカードローンやキャッシングがあります。

カードローンとは一枚の個人専用カードを活用することで近くのATMからいつでも簡単に融資金を引き出すことができるという借入方法のこと。

このカードローンは全国のコンビニチェーンとの提携も深めていることから、一日24時間いつでも簡単に融資金を引き出す事が出来るのも大きなメリットです。

これに対してキャッシングは、お金が必要になるごとに消費者金融側に対して融資申し込みを行い、それが認可されるとすぐに銀行口座へと振り込みが行われるというシステムです。

いずれも手続きが簡単で融資スピードが速く、本日中や明日にでも支払いが差し迫っている時などでも十分に余裕を持って対処する事が出来ます。

最近ではインターネットバンキングを契約して自宅からでも簡単にお金のやり取りができる環境も整いつつありますので、キャッシングもまた便利な融資方法と言えるでしょう。

しかしながら、こういったカードローンやキャッシングを利用するには然るべき審査をクリアしなければなりません。

まずは日雇いという勤務形態でも借入が行えるかどうかをしっかりと吟味した上で申し込み先を選考することが必要です。

中には非正規雇用の労働者に対して厳しい審査を下す金融会社もあるので、そういったところに申し込んでしまって時間を無駄にしないためにも、インターネットや口コミなどで各社の評判を比較し、該当する勤務形態でも審査通過できそうだなと確証が得られた後に実際に申し込んでみるとよいでしょう。

カードローンならばネットや電話、店舗窓口、自動契約機などを使っての申し込みができます。

キャッシングではネットや電話を使って申し込むパターンがほとんどです。

いずれも最初は神聖フォームに必要事項を記載し、消費者金融の担当者がこれらの氏名、住所、生年月日、職業、勤務先、年収などといった項目に関して精査を行うことになります。

また、必要に応じて身分証明書や年収証明書が必要となるケースがありますので、その際には店舗窓口で提示するか、あるいはコピーを郵送やファックスにて送付したり、また最近ではスマートフォンの写真機能を使ってこれらの証明書を撮影し、画像データを先方に送るという手法が可能な金融会社も増えてきています。

もしも自動契約機を使って申し込みを行う際には、写真機能やスキャナー機器が設置されている場合が多いので、それらを使って手軽に申し込むことができます。

こういった申し込みが済むと、次に金融会社側の審査担当者が信用機関への問い合わせを行います。

この時に氏名や住所、生年月日などを用いてその申請者に関する過去の借入情報をチェックするのです。

もしもこの人物が過去に借金をしてその返済が滞ったり、支払い不能になって法的処置を講じていたりなどすると、その情報はブラック扱いとなり、すぐに分かるようになっています。

一度ブラック入りしてしまうと借金契約は難しくなり、その状態が10年ほどにわたって続く場合もあります。

また、信用機関では現時点で申請者が他社からどの程度の借金を行っているかを瞬時に確認することも出来ます。

これは借金総額がどの程度に昇っているのかをチェックして、それらが返済能力や経済力の面でどのくらい影響するのかを吟味するのにも重要な役割を果たします。

そしてなおかつ、貸金業法で定められた総量規制は申請者の借金上限を年収の3分の1までと定めており、これを超えると、融資した側の消費者金融が罰則を受ける形となります。

そうならないためにも、消費者金融の審査担当者は信用機関への照会によって借金総額を確かめて、この上限ラインに達していないかをきちんと見定める必要があるのです。

さらにもう一点、信用機関では短期間中に数多くの消費者金融で審査落ちを繰り返した人物もきちんとチェックして記録されることとなっています。

こうした人物は借金を返すために更なる借金を行っている可能性が高いため、返済不能になる確率が高いとされ、多くの消費者金融から警戒されてしまうのが常です。

それゆえこれらの事実が判明すると審査落ちしてしまうパターンに陥るのです。

さて、信用機関への照会が完了して何も問題が無いことが証明されると、次に実施されるのが在籍確認です。

これは申請時に記載した勤務先に実際に電話をしてみて、申請者がきちんとその職場で勤務実態を残しているか否かを判断するための者です。

オフィスなどの職場で働くサラリーマンであればこの確認はとても簡単に完了できます。

もしも同僚が電話に出たとしても、この時に消費者金融の審査担当者は自分の所属する会社名や借金サービスの名称を口にすることはなく、あくまで個人名での電話になりますので、会社の人に一切借金契約に関して知られることなく、この確認作業を続ける事ができます。

ただし、この時に確認しておきたいのは、日雇い労働者の場合の確認方法です。

この場合、人員の入れ替わりも日々絶え間なく行われるので、勤務形態が極めて流動的ですので、まずもって電話での確認は無理と言えるでしょう。

それに日々入れ替わるこういった人たちに外部から電話がかかってくるのも逆に不審がられてしまうのは避けられません。

では、こうした在籍確認のできない人たちはどうやって審査を受ければ良いのでしょうか。

その最適の方法としては、まず借金申し込みの段階でその旨に関して電話相談や窓口相談を行っておくということです。

前述の通り、世の中には数多くの勤務形態があり、他にも電話確認ができない人は数多く存在します。

そういった人たちはまず、消費者金融がに問い合わせを行って、在籍確認ができないのだがこれに代わる確認方法を適用できないかどうかをきちんとチェックしておきます。

大手の消費者金融ではこうした事案に迅速に対応できるものも多く、たとえば会社との契約書や公的な書類、源泉徴収票などの規定に沿った書類を持参したり、コピーを送付したりすることによって在籍確認の代わりとすることが可能となるのです。

在籍確認はローン審査の中でも最終段階として行われる場合が多く、せっかくこの地点にまで辿り着いておきながら落ちてしまうのは非常に勿体ないものです。

そうならずに、なおかつ貴重な時間を無駄にしないためにも、事前に必ず代わりの確認方法について相談し、確かめた上で契約手続きを進めていくことが重要と言えるでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.