借入が家族にばれたらどうしよう…良い言い訳ありますか?

なんか変な質問してしまってすみません…私は妻と子が居る36歳の男です。

結婚までは自分で使えるお金も結構多くて楽しかったのですが、結婚してからは妻に財布を握られてしまいまして…恥ずかしながら妻の方が収入が多いので、文句も言えません。

というわけで今は小遣い制であり、一ヶ月にもらえる金額もかなり固定されています。

しかも妻の趣味は貯金とばかりに節約しており、私への小遣いも本当に必要最低限になっています。

妻も小遣いは少ないのではありますが、私にも使い道が結構あるんです…。

特に欲しい物が出来た時には、せめてその月だけでも増やしてもらえないかと交渉していますが、難航しています。

再来月には欲しい腕時計が出ますので、何とかして工面しないといけません。その為に、お金を借入て用意しようと思っています。

しかし、この借入が節約好きの妻にばれてしまえば、目も当てられない事態になる事は明白です。

私は交渉が下手なように、一方的に責め立てられたら確実に謝るだけになってしまいます。そんな時の為に聞いておきたいのが、その時の言い訳の仕方です。

言い訳を人に聞くなんて何だか情けない話ですが、それが私という人間の限界なんです…言い訳がしっかりしていれば、基本的に頭の良い妻なのである程度は聞いてくれると思っています。

本当に情けなくて申し訳ないですが、妻が納得しそうな言い訳をよろしくお願いします。

そもそもバレる事がないと思います

うーん、本当に尻に敷かれているみたいっすね…でも奥さんも節約好きで貯金に回しているっていうのなら、それは悪い事じゃないと思うっすよ。

旦那さんから金を巻き上げて贅沢しているならともかく、貯金は将来に役立つっすからね。

とは言え、趣味まで制限されるほど小遣いをカットされるっていうのは、なかなかシビアな話っすね。

実際、質問者さんみたいに「妻に内緒で借りられるカードローン教えて!」っていう質問も多い事から、全国の男性は苦しんでいるみたいっす。

で、今回の場合は言い訳を教えてほしいっていいうちょっと変わった質問なんすけど…先に言っておくとしたら、自分のお金で返済ができる範囲なら、そもそもバレる可能性っていうのは低くなるっすよ?これを覚えておくと良いっす。

何故なら、例え奥さんといえども、金融業者が借りますよーとは連絡しないんすよ。

カードローンみたいな保証人不要の融資って、完全に借りる人との一対一の契約だから、他の人にわざわざ教える事はルール違反っす。もちろん延滞してしまうとそうも言えないっすけど…。

延滞せずにきちんとお金を返すアテがあるっていうのなら、とりあえずもう心配は無いっすね。

仮に言い訳を教えておくとしたら「小遣いの範囲内で返済するから家計には一切の影響が無い」と言っておけば、賢い奥さんなら折れると思うっすよ。

これで質問社さんが、最低限好きな事にお金が使えるようになる事を祈っているっす。

【参考ページはこちら】
家族にばれないように借入したい方におすすめ

借入が家族ばれたケースに学ぶ、その適切な回避方法とは

私たちの日常生活は度重なる出費で満ちています。

それがあまりにかさんでしまうと、自分の財布の中身や銀行の預金残高では賄えなくなってしまい、どうしようもなくお金が不足して立ち往生してしまいかねません。

たとえば、税金や保険料、公共料金などの必要最小限度の支払いでも季節ごとに大きな皺寄せが及んでしまったり、また食費や交遊費なども月によって大きな差が出てしまうこともあります。

さらに妻や子供、あるいは親と同居などしていると、それなりに家族のリクリエーションのためにお金が必要になったり、あるいは家族の怪我や病気などに伴う通院費なども積もり積もれば大きなものとなって自分の首を絞めかねません。

また、ファッションアイテムやブランド品などの購入にまとまったお金を投入する人も多いものですし、女性ならばエステや脱毛、美容院などの面でも出費が必要となるケースがあるはずです。

このように次から次へとあふれだす出費の機会を全てソツなくカバーするとなるとどうしても無理が生じてしまいます。

そうならないためにも、そして出費を諦めてチャンスを取り逃がしてしまうのを回避する上でも、もしもお金が不足した時には消費者金融で借入サービスを活用すると良いでしょう。

ただし、ここで気をつけておきたいのは、うまく借入を行う方法を知っている人に比べて、初心者はうっかりと最善の方法を間違えて思わぬ失敗をおかしてしまうのも多いということです。

たとえばそれは手続き上の至る所で生じ得るもの。ちょっとしたボタンの掛け違いによって、絶対に知られたくなかった家族に借金のことがバレてしまうことも少なくありません。(こちらもご参考に→誰にも内緒で借り入れをする方法

このような家族バレたケースに陥らないためにはどのような心掛けたが必要なのでしょうか。

まずは借入方法にはカードローンやキャッシングといった二種類の方法があるのを理解しておかなければなりません。

その上で、自分にとってどちらが最善なのかを吟味します。カードローンは一枚の個人カードを駆使して、お金の不足したおりには近くのATMに駆けつけるだけで融資金を引き出すことが出来るというものです。

これは契約時に設定される融資限度額の範囲内であれば何度でも引き出すことができますし、なおかつ幾らでも引き出すことができますので、どちらかというと継続的なローン利用を望む場合に大変便利です。

一方のキャッシングはカードローンみたいに長期的な利用を想定しておらず、どちらかというと一回きりの利用に多い借入方法と言えるでしょう。

その都度、融資申し込みを行う必要があり、この審査に通過して融資が決まると、銀行口座に希望融資額が一括振り込みされることとなります。

次回にまたキャッシングする際にはもう一度、正式な申し込みが必要となります。継続的な利用になると借金癖がついてしまうと心配している人にとっては、一回ごとの契約が必要なキャッシングは大変有効と言えるでしょう。

いずれの方法にしても、まずは申し込みを行って、然るべき審査を受けなければなりません。

申し込みには電話やインターネット、アプリ、郵送、店舗窓口、自動契約機などを用いますが、主に申請フォームに氏名、生年月日、住所、職業、勤務先、年収などの必要事項や、これに付随する家族構成や他社からの借り入れ金の有無、賃貸か持ち家かといった自宅の種類などの任意記入欄も設けられています。

こうした部分も率先して記入していくことで、申請者の信用度は上昇すると考えて良いでしょう。

まずは審査担当者がこれらの基本情報を精査して、主に職業や年収の部分をくまなくチェックしていきます。

その上でもしも希望融資額にそぐわないような内容であったり、あきらかに返済能力や経済能力が劣っていることが分かると、即刻審査落ちしてしまうケースも少なくありません。

その後、審査は信用機関への照会という段階へと移ります。

信用機関にはそれぞれの利用者の過去の借り入れ履歴がきちんと保管されており、もしも過去に返済が遅れたり、法的手続きをとったことが分かると即刻ブラックとして処理され、消費者金融の審査にも極めて受かりにくい状態となります。

さらに、信用機関には短期間に数多くの消費者金融に対して利用申請を行い、なおかつこれに落ち続けた人などを申し込みブラックとして要注意扱いとしており、これもまた新たな申請を繰り返しても極めて審査に受かりにくい状態が継続していくことが予想されます。

逆にこうした信用機関情報に何も引っ掛からず、経済力的にもきちんと返済能力を保持していると分かった場合には、審査もまた次の段階へ進みます。

これは在籍確認と呼ばれるもので、勤務先への電話にきちんと本人が出てくれるかどうかを確かめるという作業です。

ただし、こういった在籍確認においても会社の人にバレることはほとんどありません。

というのも、電話をかける審査担当者は決して消費者金融名や借金サービス名を口にすること無く、あくまで個人名で電話をかけ、申請者へと通話を繋いでもらえるようにお願いするのです。

また、申請者本人が不在でも電話に出た相手の応対によって申請者がそこの勤務先に勤務していることが分かれば、それで確認作業は完了ということになります。

こうした電話確認作業は、職場のみならず自宅へも行われることがあります。

これは申請時に記載していた連絡先に実際に電話をしてみて諸情報が性格か否かを判断するためのものです。

ただしこの時、自分の代わりに家族が出てしまい、この時に交わした言葉が原因で家族ばれたこともよくあるようです。

とりわけ過去に同じ借金経験のあるような人ならばこうした確認の電話がすぐに分かってしまうようなので、もしもこういった条件に該当する場合には注意が必要です。

この電話確認の際に同居家族が応答しそうな可能性が少しでもあるのであれば、それらを事前にきちんと伝えておくことが必要です。

そうすることで審査担当者も心構えが出来ますし、なおかつ自宅電話を使っての電話確認を携帯電話やスマートフォンに代えてくれる場合も少なくありません。

さらに身分証をはじめとする各種書類によってこの電話確認をなくしてくれるパターンもありますので、それならばもう家族が電話に出るのを心配する必要はなくなります。

もうひとつ困ってしまうのが、契約書や利用明細書の送付です。借入の審査が終わると正式な契約内容をすべて書面化して送付することがあります。

そうなると、封筒やその中身などからすぐに内容が判明できるので家族ばれた原因となるケースも多いようです。

それに借り入れを行うとそれから数日後のすっかり忘れた頃合いに利息などを明示した利用明細書が送付されることがあります。

言うまでもなく、これらを開封するとすぐに借金金額や利息のお知らせなどの情報が目に飛び込んでくることになりますので、家族にばれてしまうのは避けられないでしょう。

ただしその一方で、最近ではペーパーレス化やデジタル技術の開発も活発なので、こうした利用明細書の発行なども極力減らし、インターネットのマイページ上でウェブ確認をお願いする形が徐々に一般化してきています。

利用明細書を受けらなくても、ログインするだけで常に利息の確認が出来てしまうわけです。

最初の申請時にこういった利用明細書の確認方法を郵送ではなくウェブ確認として設定することで、これらの作業は実にやりやすくなるはずです。

そしてあらかじめウェブ確認にしておけば家族がうっかりと重要書類や通知を受け取ってその詳細について知ってしまうというケースも激減することでしょう。

もしも家族にばれないように最善の注意を払いたいのであれば、まず電話相談や窓口相談などでその旨を伝え、家族ばれしないようにきちんと申し込み設定できているかどうかをチェックしてもらうと良いでしょう。

その後の手続きなども見越した上で、家族ばれしないための様々なチェックを行ってくれるので大変便利です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.