アルバイトのローン借入は絶対に返済できない?

アルバイトだと消費者金融や銀行系カードローンなど、借り入れをするのが大変だという声はよく聞きます。

確かにそのとおりだと思いますが、借入をするとなるとアルバイトの場合はどうしても収入が少ないこと、職業として安定していなくてすぐにクビになる可能性もあることなどがあげられると思います。

でもアルバイトでもしっかりと返済しようと思えばできると思うんですよね。

返済可能性が低いと言われていますが、ローン借り入れを返済できるかどうかは人それぞれじゃないでしょうか。アルバイトだとローン借入ができないっておかしくないでしょうか?

最近はアルバイトもローン借入がやりやすくなっている

昔はおっしゃるように、アルバイトというのは非常に借金をするときには厳しい目で見られていたというのはあります。

まぁそれは今も変わりませんが。昔はアルバイトで借りるとなったら取り立ては結構厳しかったですし、最初は本当に数万円くらいしか借りることはできませんでした。当然利率は最高の利率で借入をするしかありませんでした。

そんな時代から比べると、今はだいぶアルバイトでもカードローン借入がしやすくなったなぁと思います。

そもそもアルバイト・パートでもOKというように書いている銀行系カードローンがそこら中にあるというのがすごい変化だと思います。

普通はサラ金ですから、サラリーマン以外は相手にしたくないというのが本音なんですけれども。

それが専業主婦、自営業、フリーランス、そしてアルバイトでも申込可能、借り入れ可能と書いているところがたくさん出てきました。(こちらもご参考に→借入が可能な職業とは?

これはもちろん大手などには書いていないですけれども、地方銀行や他の消費者金融などには書いてあるところも増えています。

消費者金融の大手なら、少額ならすぐにアルバイトでもローン借入ができるというようなものもあります。

結局昔よりも今はアルバイト借入をしやすい時代になっているんじゃないでしょうか。

どこも横並びの商品を出していて、そこで借入をしたらどんなところでも結果は同じ、というような感じではなくなってきています。

アルバイトなどの収入が低い人に優しい物も増えていますし、銀行系カードローンなどは総量規制がないので借入額を増やすこともやりやすいかと思います。

アルバイトが借りにくいというのは正社員と比べるとどうしても借りにくいかとは思います。

しかしアルバイトが借入をしにくいというのはどうしても借り入れができないということではありません。ローン借入自体はやりやすい時代になっていると思いますよ、工夫次第です。

【参考ページはこちら】
スルガ銀行でもアルバイトは借りられる?

アルバイトの人がローン借入をする時の「3つのポイント」

現代ではさまざまな業者によってローン融資が行われるようになっています。

ローンという言葉を聞いた時に多くの人が考えるのが「住宅ローン」や「自動車ローン」といったような大口の融資です。

ですが実際には、消費者金融や銀行などの金融機関から消費者に向けて融資がされるというような場合には、それはすべて「ローン」として呼ばれることになるのです。

消費者向けの少額な融資であってもそれはローンとして呼ばれるものなのですが、この代表的な物となるのが「カードローン」などとなるでしょう。

そして現代において「お金」というものはことのほか重要な物となっています。

食料品や衣服などの商品を購入する場合にはお金が必要となりますし、また病院などのサービスを受けるというような場合にもお金は必要になります。

そしてそうしたお金は常に十分な量があるとは限りません。

時には病気やけがなどによって収入が減ってしまうこともありますし、不意の支出が重なってしまうというようなこともあるでしょう。

そうした「お金が不足した」と言う状況において、ローン借入は非常に頼りになることでしょう。

しかしながら収入が少ない人ほど「お金が不足した」という状況になりやすいのが現実なのですが、元々の収入が少ないというようなのであれば、ローン借入をしようとしたとしても「返済の見込みが立たない」として考えられてしまうこともあるのです。

そのため、一般的に収入レベルが正社員などと比較すると低水準になりやすいと判断されるアルバイトの人などがお金を借りたいという場合には、いくつかのポイントを把握しておく必要があります。

さて、それではアルバイトの人がローン借入をするときの「3つのポイント」とは何でしょうか。(こちらもご参考に→アルバイトと個人事業をやってると審査に通りやすい?

まず最初に考えておきたいポイントとなるのが「収入状況」です。

言うまでもなく、お金を借りたというような場合には期日までに利息を付けて返済をしなくてはなりません。

そして返済をするというような場合には、まず間違いなく「利息」がつくことになるのです。

本来借りたお金よりも多くのお金を返済しなくてはならないという仕組み上、しっかりとした収入があるということを証明することが重要になります。

この収入と言う部分に関してはそれぞれの金融機関によって判断の基準は異なりますが、「完全に収入がない」というような状況でもないのであれば融資をしてもらえる可能性はあると考えて良いでしょう。

そのため、たとえアルバイトのような立場であっても収入があれば融資をしてもらえる可能性はあると言えます。

ただここで考えておきたいのが「収入以上の金額を返済できるとして判断されることはない」ということです。

例えば毎月の給与が10万円の人が、50万円を借りて翌月に返済するということが可能かと言われれば、それは誰でも不可能だと考えるのが自然です。

しかし収入が10万円でも、月々に返済する金額が数千円程度なのであれば借入をしても返済ができる可能性は高いでしょう。

こうしたことは「収支のバランス」として考えることができますが、収支バランスに問題がないと判断されたのであれば、収支バランスに問題がない範囲なのであれば融資をしてもらえる可能性はあるのです。

しかしながら、収入が関係をしてくるのはこの収支バランスと言う部分のみではありません。

現在の消費者金融などの貸金業者は「貸金業法」によってその運営を制限されることとなっています。

この貸金業法の中には「総量規制」が存在しており、総量規制下における消費者への融資は「消費者の年収の1/3未満」に制限されるのです。

ですから、年収が少ないという状況にあるのであれば、その人が借り入れられる金額についてもかなりの制限がかかることとなるのです。

このポイントは借り入れを申請する前にしっかりと理解をしておきましょう。

また「信用情報」も融資の判断を行う際のポイントの一つです。

ここで言う信用情報とは、消費者一人一人に対して作成される「それまでの金融機関の利用の履歴」です。

この信用情報に記録されている情報は多岐にわたり、いままでどこでお金を借りてきたのかと言うことはもちろんのこと、そこでの返済はどのように行ってきたか、延滞をしていないかと言ったようなことが記録されていくこととなります。

また現代においては消費者が債務超過の状況に陥り、返済不能担ってしまったというような場合、自己破産などによる債務整理ができるようになっています。

ですがこうした行為については、全てが「契約違反」として考えられるものとなってしまいます。

返済期限を守らずに返済日が遅れてしまったというような場合には当然契約違反ですし、合法的な手段によって債務整理を行ったというような場合であっても、それは「返済するという約束を反故にした」という契約違反になるのです。

金融機関の融資において「契約違反をするかもしれない」というリスクは融資が断られる原因の最も大きなものの一つです。

ですから、信用情報に問題があるというようなことになってしまっているのであれば、融資を受けることはできなくなってしまいますから注意をしなくてはならないのです。

では「一度信用情報に傷が付くと一生お金を借りることはできないのか」というとそういったことはありません。

信用情報に記録される金融事故、つまり契約違反の情報については記録されてから半年が記録期限となっています。

そのため返済の滞納をした場合や自己破産をしたというような場合であっても、そうした事実が発生してから半年が経過したのであれば、そうした金融事故は無かったものとして審査を受けることが可能となるのです。

もちろんこれは信用情報上の話であり、社内のデータベースなどに金融事故が記録されてしまっているのであれば、その金融機関からお金を借りることはできないということも十分にありえます。

ですから、お金を借りるというような場合には「契約違反をしない」ということを前提としていかなくてはならないのです。

このポイントはどのような金融機関からローン借入をする場合でも変わることはありませんから、必ず覚えておくようにしましょう。

そして最後に覚えておきたいのが「勤務実績」についてです。

ここまででは「アルバイトの人でも融資を受けることは可能である」ということは述べてきましたが、それは全て「安定した収入が継続する」ということを前提としたものです。

そしてその前提があるということを証明するには、一定期間以上の勤務を続けているということが重要になるのです。

そのため「働き始めて間もない」というような状況で審査を申し込んだとしても、それは「今後安定した収入があるかどうかがわからない」として判断をされることにもつながりかねません。

「ではどれくらいの勤務実績があればよいのか」ということを疑問として思う人は少なくありませんが、これについてはそれぞれの金融機関によって判断基準が異なるため、一概にそれがどれくらいなのかということを言うことはできません。

ですが傾向としては半年から一年程度の実績があれば問題ないと判断されることが多くなっています。

審査が比較的簡単な消費者金融などでは半年程度の実績があればその後も継続した収入が見込めるとして判断してもらえる可能性は十分にあります。

また銀行などの審査が厳しい業者からであっても、一年以上継続して働いているという実績があるのであれば問題ないとして判断されることがほとんどです。

とはいえ、こうした傾向があると言ってもそれは傾向にしかすぎません。

業者によっては総合的に判断をした結果として「一年の勤務実績では信用が足りない」として判断されることもあるのです。

そうした場合にはやはり収入を増やすなどによって信用自体を高めていくほかないでしょう。

アルバイトの人がローン借入を希望するというような場合には、ここまでに述べた3つのポイントをしっかりと理解し、実践していく必要があります。

また3つのポイントの中にはいきなり「なんとかしよう」と思ってもすぐには対応できないものも多くありますから、「お金が必要になった」という時にあわてないように、普段からしっかりと考えておくように心がけましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.